白鳥 信一(しらとり しんいち、1928年6月28日 - 2001年8月22日[1])は日本の映画監督である。妻はスクリプター白鳥あかね

しらとり しんいち
白鳥 信一
生年月日 (1928-06-28) 1928年6月28日
没年月日 (2001-08-22) 2001年8月22日(73歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京市本郷区
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビ映画
活動期間 1966年 - 1982年
著名な家族 白鳥あかね
主な作品
映画
『赤線最後の日 昭和33年3月31日』
『高校エロトピア 赤い制服』
『女高生 危険なめばえ』
テレビドラマ
『お嫁さん』
若草物語
テンプレートを表示



経歴編集

1928年6月28日、東京市本郷区に生まれる。仙台第一中学校第二高等学校を経て1952年東京大学文学部国文科を卒業。1954年、制作を再開した日活撮影所助監督部に入り、再開第一作『国定忠治』にサード助監督としてつく。以後、川島雄三井上梅次堀池清西河克己の下で働く。とくに西河克己監督作品には『伊豆の踊子』『赤い蕾と白い花』など多数つき『何処へ』では挿入歌「こいちや節」の作詞まで手掛けた[2]1966年からは日活製作のテレビドラマを多数演出。この間、日活がロマンポルノに路線を転向したため、劇場映画の監督デビューは1973年の『団地妻 女の匂い』となった。[3][4][5]。2001年8月22日、食道がんのため死去[1]


フィルモグラフィ編集

映画編集

  • 団地妻 女の匂い(1973年)
  • 雨の夜の情事(1973年)
  • 女調査員SEXレポート 主婦売春(1973年)
  • (秘)女郎残酷色地獄(1973年)
  • 狂棲時代(1973年)
  • 赤線最後の日 昭和33年3月31日(1974年)
  • 赤線本牧チャブヤの女(1975年)
  • トルコ風呂(秘)外伝 尼僧極楽(1975年)
  • 新・団地妻 夫婦交換(1975年)
  • 感じるんです(1976年)
  • 幼な妻 絶叫!!(1976年)
  • 宇能鴻一郎のむちむちぷりん(1977年)
  • 宇能鴻一郎の上と下(1977年)
  • 昼下りの情事 すすり泣き(1977年)
  • 私は犯されたい(1978年)
  • 課外授業 熟れはじめ(1978年)
  • 女教師 秘密(1978年)
  • おんなの寝室 好きくらべ(1978年)
  • 宇能鴻一郎の看護婦寮日記(1979年)
  • 高校エロトピア 赤い制服(1979年)
  • 潮吹き海女(1979年)
  • 看護婦日記 たずらな指(1979年)
  • 女高生 危険なめばえ(1980年)
  • 宇能鴻一郎のホテルメイド日記(1980年)
  • おさな妻(1980年)
  • 宇能鴻一郎の貝くらべ(1980年)
  • クライマックス 犯される花嫁(1980年)
  • 欲情まんかい 若妻同窓会(1981年)
  • 女高生 恥ずかしい瞬間(1981年)
  • 女事務員 色情生活(1982年)
  • 宇能鴻一郎の人妻いじめ(1982年)
  • 宇能鴻一郎の女医も濡れるの(1982年)
  • 俗物図鑑(1982年) - 出演のみ[4]

テレビドラマ編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日活の青春映画、ロマンポルノなどを手掛けた映画監督・白鳥信一さん死去(CINEMATOPICS)
  2. ^ 何処へ(日活)
  3. ^ 『日本映画監督全集 1976.12 キネマ旬報増刊No.698』(キネマ旬報社)p.212-213
  4. ^ a b 『日本映画・テレビ監督全集』(キネマ旬報社)p.198-199
  5. ^ 「官能のプログラム・ピクチャア ロマンポルノ1971-1982全映画』(フィルムアート社)
  6. ^ 人間の條件(テレビドラマデータベース)