白鳥 庄之助(しらとり しょうのすけ、1934年昭和9年)7月23日 - )は、日本経済学者成城大学名誉教授カリフォルニア大学バークレー校客員研究員、大蔵省企業会計審議会委員等を歴任。日本会計研究学会賞受賞。

人物・経歴編集

千葉県印旛郡八街町[注 1]出身。千葉県立佐倉第一高等学校を経て、1958年一橋大学社会学部を卒業し、公認会計士事務所に入所。1965年一橋大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学(片野一郎ゼミ)[1]

千葉商科大学専任講師を経て、1967年成城大学経済学部専任講師。同助教授、同教授、同大学大学院経済学研究科長、同大学経済研究所第3代所長を歴任。2001年に退任し、その後城西国際大学で教鞭を執った。この間1978年論文「英国カレントコスト会計制度化の検討」により日本会計研究学会賞を受賞[2]

訳書編集

論文編集

  • Maurice Moonitz、片野一郎、白鳥庄之助 『ムーニッツ連結財務諸表論』(NCID BA82740283

脚注編集

[ヘルプ]
脚注
  1. ^ 1992年以降、市制施行により八街市
出典
  1. ^ [1]
  2. ^ 『成城大学経済研究』第162号 (白鳥庄之助名誉教授退任記念号)

関連項目編集