百万塔陀羅尼

百万塔陀羅尼(ひゃくまんとう・だらに)は、奈良時代に制作された、100万基の木製小に、陀羅尼を納めたものである。陀羅尼は、製作年代が分かる、日本最古の印刷物である。

背景編集

 
百万塔

764年(天平宝字8年)、恵美押勝の乱で亡くなった人々の菩提を弔うと共に、鎮護国家を祈念するために、称徳天皇が『無垢浄光大陀羅経』の説くところによって制作された。『続日本紀』宝亀元年4月26日 (770年5月25日)条に、完成した百万塔を諸寺に納めたことが記されている。この諸寺とは、大安寺元興寺興福寺薬師寺東大寺西大寺法隆寺川原寺四天王寺崇福寺の10官寺を指す[注釈 1]。このうち、元興寺・東大寺・西大寺には「小塔院」と呼ばれる、百万塔などを納める堂宇も建立された。

百万塔編集

木製三重小塔。塔身と相輪の2つから構成されており、塔身内部に陀羅尼を納める構造となっている。標準的なものは、総高21.4cm、基底部径10.5cm、塔身のみの高さ13.4cmである。塔身はヒノキ、相輪は、細かな細工がしやすいサクラサカキセンダン等の広葉樹が用いられる[2]

塔身は基壇及び3塔身を轆轤で挽き、軸部上端を筒状にえぐり、そこに陀羅尼が納められる。全体が白土によって厚く塗られている。相輪は塔身の上から蓋のようにはめ込まれている。基底部の裏面、屋蓋の上部、相輪の基底部に制作年月日[注釈 2]や制作者の氏名が墨書されたものがある。

また、百万塔とは別に1万基ごとに「一万節塔」と呼ばれる七重小塔、10万基ごとに「十万節塔」と呼ばれる十三重小塔も作られた。

現在残っているものは、法隆寺大法蔵殿に保存されている、塔身45,755基分・相輪26,054基分が最も多く、それ以外に、各地の博物館、個人に分蔵されている百万塔も、もと法隆寺にあったものだと推定されている[要出典]。その他に平城宮発掘地から、未完成のまま遺棄された物が出土しており、宮内に百万塔工房があったと考えられる[4][5]

陀羅尼編集

陀羅尼を版に彫り、その上に、虫食い防止を兼ね、黄檗で染められた、幅4.5cm、長さ15cm~50cmの紙を載せ、摺った。これほど大量の印刷物を1枚の木版で印刷することは、版が磨耗するため、不可能なので、複数の版を用いたか、金属版を用いた可能性も指摘されている[注釈 3]が、日本での確実な銅板印刷は、1783年(天明3年)の、司馬江漢まで現れないので、その間の時代断絶が説明つかない。

なお、『無垢浄光大陀羅経』において、 釈尊は、死期間近い婆羅門に6種の陀羅尼を説き、『続日本紀』にも、6種の陀羅尼が納められたと記されているが、現存する百万塔陀羅尼は4種しか残っていない。最初から無かったのか、2種だけ無くなったのか、結論は出ていない[7]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 湯浅は、10寺に10万基づつ奉納されたと考えること自体が危ういとする。[1]
  2. ^ 年紀が読み取れた9基は、天平神護3年(767年)から神護景雲3年(769年)であり、『続日本紀』の記述と合致する[3]
  3. ^ 勝村は、京都大学附属図書館所蔵及び天理大学図書館の陀羅尼に、経文中に二段に割れるひずみが見られる点や料紙の上下に見られる墨跡から、銅板輪転機の使用を推察している[6]

出典編集

参考文献編集

  • 高田良信 「百万塔」 『国史大辞典 11』 吉川弘文館、1990年。ISBN 978-4-642-00511-1 
  • 森郁夫 「百万塔」 『日本史大事典 5』 平凡社、1993年。ISBN 978-4-582-13105-5 
  • 勝村, 哲也「『百万塔陀羅尼』の語るところ」『静脩』35(2)、京都大学附属図書館、1998年、 1-2頁。
  • 湯浅, 吉美「百万塔墨書銘に見える暦日の問題 : 神護景雲二年三月は大か小か」『史学』74(1)、三田史学会、2005年9月、 57-75頁。
  • 湯浅, 吉美「百万塔の思想的背景 : 南都仏教史における位置付けを考える」『埼玉学園大学紀要 人間学部篇』第5号、2005年12月1日、 219-232頁。
  • 勝浦, 令子「東アジアの『無垢浄光大陀羅尼経』受容と百万塔」『奈良・平安仏教の展開』速水侑編、吉川弘文館、2006年8月、2-31頁。ISBN 4-642-02451-4
  • 宍倉, 佐敏編著『必携古典籍・古文書料紙事典』八木書店、2011年。ISBN 978-4-8406-2072-7
  • 内田, 啓一『美しき日本の仏教版画』東京美術、2018年。ISBN 978-4-8087-1123-8

関連項目編集

外部リンク編集