百器徒然袋』(ひゃっきつれづれぶくろ)は、1784年天明4年)に刊行された鳥山石燕妖怪画集。『画図百鬼夜行』『今昔画図続百鬼』『今昔百鬼拾遺』と続いた石燕の妖怪画の中でも最後に刊行されたもの。

「上」「中」「下」の三部構成となっており、器物の変化して生まれたとされる妖怪、いわゆる付喪神が多く描かれている。図像は真珠庵系の百鬼夜行絵巻に登場する妖怪に類似するものが多く、それらに『徒然草』や多くの漢籍からヒントを得て石燕が創作したものである。画図に添えられた解説文のほとんどが「……と夢のうちにおもひぬ」との言葉で終わっていることも、描かれている妖怪が石燕の夢、すなわち石燕個人の空想の産物であることと暗示している[1]

目次

収録作品編集

編集

編集

編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 香川雅信 『江戸の妖怪革命』 河出書房新社、2005年、177頁。ISBN 978-4-309-22433-6

参考文献編集

外部リンク編集