メインメニューを開く

百器徒然袋――風』(ひゃっきつれづれぶくろ かぜ)は、講談社から刊行された京極夏彦の妖怪探偵小説集。百鬼夜行シリーズ「番外編」となる3作品を集めたミステリー中編集。タイトルは鳥山石燕の画集『百器徒然袋』から採られ、題材となる妖怪も同著から取り入れられている。

出版経緯編集

出版収録にあたり、初出版に加筆・訂正。

  • 2004年(平成16年)7月 講談社ノベルスより探偵小説『百器徒然袋――風』刊行
  • 2007年(平成19年)10月 『百器徒然袋――風』が講談社文庫より刊行

概要編集

「百鬼夜行シリーズ」では主要ながらも脇役の位置におかれていた登場人物・榎木津礼二郎を主人公とした中編集『百器徒然袋』の第2弾で『百器徒然袋――雨』の続編にあたる。とはいえ、ミステリーの解題と解説は本編と同じく中禅寺秋彦の役割となっている。同シリーズからは他にも登場している人物が多数いる。掲載作品の時系列は『邪魅の雫』の後にあたり、前作と同じく、シリーズ本編よりコミカルタッチの作品集。また「面霊気」は、『巷説百物語シリーズ』の世界ともリンクしている。

2006年10月2007年3月にABCラジオ(朝日放送)をキーステーションにして『百器徒然袋』の題で「百器徒然袋――雨」と合わせてラジオドラマが放送された[1]

主な登場人物編集

榎木津 礼二郎(えのきづ れいじろう)
薔薇十字探偵社の天衣無縫で破天荒な、美貌の探偵。人の記憶が見えるという能力を持つ。
本島 俊夫(もとしま としお)
本作の一連の物語の語り部。電気会社に勤務する電気工事の図面引き。前作の「鳴釜」で薔薇十字探偵社に依頼してから、事件に巻き込まれては、榎木津に下僕扱いされている。常にその場しのぎの名で呼ばれており、本作の最後で、ようやく姓名が出揃った。
安和 寅吉(やすかず とらきち)
薔薇十字探偵社の秘書兼榎木津の身の回りの世話係。呼び名は「和寅」(かずとら)。
益田 龍一(ますだ りゅういち)
薔薇十字探偵社の探偵助手。瑣末で地味な依頼を担当している。元警官。
中禅寺 秋彦(ちゅうぜんじ あきひこ)
中野の古本屋「京極堂」店主。神主でもあり、また憑物落としも行う。榎木津の友人。
近藤 有嶽(こんどう ゆうがく)
本島の友人。売れない紙芝居画家。本島とは同じアパートの別の部屋に住んでいる。本島を通じて紙芝居のネタとして榎木津の事件に興味を持つ。本島を振り回すことが多く、それが結果的に本島を薔薇十字社に関わらせる事態になっている。
羽田 隆三(はた りゅうぞう)
羽田製鐵の会長兼取締役顧問。『絡新婦の理』の織作伊兵衛の弟。シリーズ本編では『塗仏の宴』に登場している。

※他にもシリーズ本編からは、木場修太郎青木文蔵中禅寺敦子鳥口守彦木下圀治、別のスピンアウト作品である『今昔続百鬼――雲』から沼上蓮次などが登場する。

五徳猫 薔薇十字探偵の慨然編集

招き猫のことで近藤と揉めた本島は、どちらが正しいか解明するために豪徳寺に出向いた。そこに居た見知らぬ娘から思いもかけず「榎木津」の名を聞く。娘の連れの女性は化け猫のことで悩んでいると言い、話を聞いて面白がった榎木津が調査依頼を引き受けることとなった。 (『小説現代2001年5月増刊号メフィスト』掲載)

登場人物編集

梶野 美津子(かじの みつこ)
小池宗五郎の家の住み込みの下女。9歳のときに奉公に売られ、20年ぶりに会いに行った母に追い返され、その直前に不審な猫を見かけたことから、母に疑念を抱く。悩んだ末、セツの仲介で薔薇十字探偵社へ調査を依頼する。
奈美木 セツ(なみき せつ)
『絡新婦の理』で、織作家の家政婦として登場していた快活な娘。今回は別の家で働いており、仕事を通じて交流を持った美津子の心配をして労を取る。
梶野 ろく(かじの- )
美津子の老母。久しぶりに会った美津子を、自分の娘ではないと追い返した。
小池 宗五郎(こいけ そうごろう)
花町の渋谷円山町で「金池郭」を経営している。美津子の雇い主。小池英恵の父。
信濃 銑次郎(しなの せんじろう)
渋谷円山町で「銀信閣」を経営している。宗五郎の商売敵でセツの雇い主。信濃カヲルの父。娘が小池英恵を殺害したことで、一時商売に打撃を受けていたが、持ち直している。
小池 英恵(こいけ はなえ)
宗五郎の娘。10年ほど前に、上田健吉を巡る恋愛トラブルで、信濃カヲルによって健吉と共に殺害された。
信濃 カヲル(しなの かおる)
銑次郎の娘。三角関係の果てに、上田健吉と小池英恵を殺害したあと行方不明になっている。

雲外鏡 薔薇十字探偵の然疑編集

本島は訳も判らずヤクザ者たちに拉致され、空ビルの中に拘束されてしまった。胡散臭い人物の手助けで脱出できたものの、直後にその人物は空ビルで殺害された遺体となって発見されたと知らされる。殺人容疑が本島の身にふりかかろうとしてる状況で、突如、霊感探偵と称する男が現れ、榎木津に真相を暴く勝負をしようと挑戦してきた。 (『e-NOVELS』2001年7月24日~10月16日配信/『週刊アスキー』2001年8月7日号~10月30日号掲載)

登場人物編集

神無月 鏡太郎(かんなづき きょうたろう)
神無月流陰陽道宗家を名乗る。浄玻璃の鏡を使った霊感調査を行うという探偵。心眼探偵との評判の立っている榎木津に勝負を挑む。
各務 次郎(かがみじろう)
加々美興行社長。亡父である前社長派との社内抗争を抱えている。
駿東 三郎(しゅんとう さぶろう)
加々美興行の専務取締役。前社長派で、社内抗争のさなかに殺害される。
権田 信三(ごんだ しんぞう)
東京で露店商をしている香具師

面霊気 薔薇十字探偵の疑惑編集

近藤の部屋に空き巣が入った。しかし盗られたものはなく代わりに覚えのない封印された箱があり、中には面が入っていた。今川は呪いの面のようだと言い、他にも奇妙なところがあると指摘する。榎木津はオニ苛め大会(追儺)がしたいと騒ぎ、一方、益田はとある浮気調査で拙い状況に陥った。 (『小説現代2003年9月増刊号メフィスト』冒頭部分のみ掲載、小説現代2004年5月増刊号メフィスト』掲載)

登場人物編集

鯨岡 勲(くじらおか いさお)
中目黒に住む金属加工会社役員。薔薇十字探偵社に妻の奈美の浮気調査を依頼する。
鯨岡 奈美(くじらおか なみ)
鯨岡勲の妻。夫よりも20歳近く若い。
菊岡 範子(きくおか のりこ)
羽田隆三の別邸の管理人。
今川 雅澄(いまがわ まさすみ)
榎木津の軍隊時代の部下であった古物商。「待古庵(まちこあん)」店主。
榎木津 幹麿(えのきづ みきまろ)
榎木津礼二郎の父。元子爵。貿易会社を経営している。

出典編集

  • 京極夏彦『百器徒然袋――風』講談社(講談社ノベルス)、2004年7月5日第1刷

漫画編集

志水アキにより漫画化された。『百器徒然袋――雨』に収録されている3作と『百器徒然袋――風』に収録されている「五徳猫 薔薇十字探偵の慨然」までは「コミック怪」で、「雲外鏡 薔薇十字探偵の然疑」「面霊気 薔薇十字探偵の疑惑」の2作は「月刊Asuka」で連載された。

書誌情報編集

角川書店、怪COMICより発売。全6巻

  1. 「鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱」 2011年2月24日発行 ISBN 978-4-04-854597-6
  2. 「瓶長 薔薇十字探偵の鬱憤」 2011年10月24日発行 ISBN 978-4-04-854700-0
  3. 「山颪 薔薇十字探偵の憤慨」 2012年10月24日発行 ISBN 978-4-04-120476-4
  4. 「五徳猫 薔薇十字探偵の慨然」 2013年10月24日発行 ISBN 978-4-04-120867-0
  5. 「雲外鏡 薔薇十字探偵の然疑」 2014年12月26日発行 ISBN 978-4-04-102295-5
  6. 「面霊気 薔薇十字探偵の疑惑」 2015年6月26日発行 ISBN 978-4-04-103413-2

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集