メインメニューを開く

皆実町二丁目停留場

日本の広島県広島市南区にある広島電鉄の停留場

皆実町二丁目停留場(みなみまちにちょうめていりゅうじょう、皆実町二丁目電停)は、広島県広島市南区皆実町一丁目・三丁目にある広島電鉄皆実線路面電車停留場である。駅番号はH8

皆実町二丁目停留場
広島港方面ホーム
広島港方面ホーム
みなみまちにちょうめ
Minami-machi 2-chome -
H7 南区役所前 (0.4km)
(0.4km) 皆実町六丁目 H9
所在地 広島市南区皆実町一丁目・三丁目
駅番号 H8
所属事業者 広島電鉄
所属路線 皆実線
キロ程 2.1km(的場町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1944年(昭和19年)12月27日
テンプレートを表示

歴史編集

皆実町二丁目停留場は太平洋戦争下の1944年(昭和19年)12月、皆実線の開通と同時に開設された[1]。しかし開設から2か月後の1945年(昭和20年)2月には営業を休止する[1]。さらに同年の8月6日には原爆が投下され、皆実線自体も全線が不通となっている[1]。皆実線が被爆から復旧し運転を再開したのは1948年(昭和23年)7月のことで、当停留場もこのときまでに休止状態が解かれ、営業を再開した[1]

構造編集

皆実線の軌道は道路上に敷かれた併用軌道であり、当停留場も道路上にホームが設けられている。ホームは低床式[2]で2面あり、南北方向に伸びる2本の線路を挟んで配置されている[3]。ただし互いのホーム位置は南北方向にずれていて、北に的場町方面へ向かう上りホーム、南に皆実町六丁目方面へ向かう下りホームがある[2][3]

運行系統編集

当停留場には広島電鉄で運行されている系統のうち、5号線のみが乗り入れている。

下りホーム   広島港ゆき・宇品二丁目ゆき・皆実町六丁目ゆき
上りホーム   広島駅ゆき

周辺編集

西には広島ガスの本社があり[4]、少し歩くと京橋川の土手に出る。周囲に大きな建造物は少なく、住居や店舗が立ち並ぶ[3]

近くには皆実町二丁目バス停があり、広島バス26号線が停車するが、同路線は片回りなので旭町方面へ向かう便のみが停車する。

隣の停留場編集

広島電鉄
皆実線
南区役所前停留場 (H7) - 皆実町二丁目停留場 (H8) - 皆実町六丁目停留場 (H9)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『広電が走る街 今昔』150-157頁
  2. ^ a b 川島令三全国鉄道事情大研究』中国篇 2、草思社、2009年、103・107頁。ISBN 978-4-7942-1711-0
  3. ^ a b c 川島令三『山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線』第7巻 広島エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2012年、10・82頁。ISBN 978-4-06-295157-9
  4. ^ 『広電が走る街 今昔』118頁

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集