益田ひろ子

日本の女優

益田 ひろ子(ますだ ひろこ、1945年1月28日 - )は、日本女優東京都出身。アンテーヌ所属。旧芸名は益田 紘子

ますだ ひろこ
益田 ひろ子
生年月日 (1945-01-28) 1945年1月28日(76歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 女優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 1966年 - 1971年2006年 -
テンプレートを表示

人物編集

劇団俳優座養成所第15期生。劇団俳優小劇場に所属し、『心理』、『正義の人々』などの作品で主演を務めたほか、映画・テレビドラマにも数多く出演。その後結婚を機に女優業を離れるが、2006年に家族の勧めにより、蜷川幸雄が率いる高齢者のみの演劇集団「さいたまゴールド・シアター」に参加し、30数年ぶりに舞台復帰を果たす[1]。蜷川演出の『聖地』、『アンドゥー家の一夜』、『95kgと97kgのあいだ』などの作品に出演している。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

舞台編集

  • 心理
  • 正義の人々
  • 琉球処分
  • 船上のピクニック
  • 95kgと97kgのあいだ
  • アンドゥー家の一夜
  • 聖地
  • 鴉よ、おれたちは弾丸をこめる
  • 薄い桃色のかたまり

出典編集

  1. ^ 毎日新聞」2013年6月1日東京朝刊

外部リンク編集