メインメニューを開く

益田 親孚(ますだ ちかざね、文化10年11月1日1813年11月23日) - 明治32年(1899年3月31日)は、長州藩毛利家の重臣で、寄組益田家(1067石)の当主。

父は益田兼明。正室は益田元宣の娘で勝子。通称は主水、石見、源兵衛。号は梅村。

生涯編集

文化10年(1813年)、永代家老益田氏の分家[1]で長州藩寄組である益田兼明の子として生まれる。正室が益田元宣の娘であったため益田親施の義兄にあたる。毛利慶親偏諱を受け親孚と名のる。藩校明倫館山県太華に学ぶ。文久元年(1861年)に大組頭になる。当職方などを歴任し、藩政の枢機に関わった。明治維新後の明治3年(1870年)、毛利家の家令になる。

明治32年(1899年)死去、享年87。

脚注編集

  1. ^ 益田元祥の五男就景を祖とする。

参考文献編集

  • 「増補近世防長人名辞典」
  • 「近世防長諸家系図綜覧」マツノ書店