メインメニューを開く

盛岡市営野球場

盛岡市営野球場(もりおかしえいやきゅうじょう)は、岩手県盛岡市にある野球場。盛岡市が運営管理している。

盛岡市営野球場
施設データ
所在地 岩手県盛岡市新庄1丁目8-1
座標 北緯39度41分57秒 東経141度10分16秒 / 北緯39.69917度 東経141.17111度 / 39.69917; 141.17111座標: 北緯39度41分57秒 東経141度10分16秒 / 北緯39.69917度 東経141.17111度 / 39.69917; 141.17111
開場 1938年
所有者 盛岡市
管理・運用者 盛岡市
グラウンド 内野:土
外野:天然芝
照明 なし
収容能力
15,000人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:11,300m2
両翼:87 m
中堅:118 m

目次

歴史・概要編集

1938年開場。1970年4月岩手県営野球場が完成するまでは高校野球など、県内のアマチュア野球の主な会場として用いられ、過去にはプロ野球の地方開催も行われたことがある。

1948年7月28日には岩手県内では史上初となるプロ野球公式戦大阪タイガース金星スターズの試合が行われた。試合は7-1で阪神が勝利している。その後も1953年8月12日に大阪タイガース対国鉄スワローズ戦が当球場で開催され、8-3で国鉄が勝利して金田正一が勝利投手になっている[1]

1996年までは全国高等学校野球選手権岩手大会の会場にも使用されていたが、夜間照明設備の無さと施設の老朽化などから、近年は大会等に使用される機会が減少している。

施設概要編集

  • グラウンド面積:11,300m2
  • 両翼:87m、中堅:118m
  • 内野:土、外野:天然芝 
  • 収容人員:約15,000人
  • 照明設備:なし

交通編集

最寄りバス停

脚注編集

  1. ^ 岩手のタイガース遠征史 げんまつWEBタイガース歴史研究室

関連項目編集

外部リンク編集