メインメニューを開く

盧 毓(ろ いく、183年 - 257年)は、中国三国時代の政治家。子家。父は盧植。兄たちの名は不詳(三人)。子は盧欽・盧珽(『新唐書』宰相世系表は、盧簡を含めた三子とする)。幽州涿郡涿県(現在の河北省保定市涿州市)の人。

盧毓

司空・容城侯
出生 光和6年(183年
幽州涿郡涿県
死去 甘露2年(257年
拼音 Chéng Hóu
子家
諡号 成侯
主君 曹丕曹叡曹芳曹髦
テンプレートを表示

経歴編集

数え年10歳で父を失い、二人の兄も後漢末の戦乱で失った。当時、袁紹公孫瓚が争いを繰り広げていたため、食糧を確保できない状況だったが、盧毓は夫を亡くした嫂と兄の子を養いつつ生計を立てた。その後、学問・品行に優れているということで称えられた。

曹丕五官中郎将になると召し出され、崔琰の推挙で冀州の主簿となった。戦乱の時代であったため、逃亡兵は厳罰に処され、妻子も連座して死刑に処せられることになっていた。名を白という逃亡兵の妻は、婚姻して数日しか経ていなかったが、それでも死刑を求刑された。このため盧毓は『詩経』・『尚書』などの古典を引き、死刑は重すぎると反対した。曹操は盧毓の主張に感嘆した。

曹丕(文帝)が即位すると黄門侍郎になり、さらに各地の太守を歴任した。しかし曹丕の機嫌を損ねた事から、一時左遷された事もあったという。

曹叡(明帝)の時代になると、諸葛誕や鄧颺らが名声を馳せ「四聰八達(四人の聡明な人物と八人の達人)」と呼ばれていた。曹叡は彼らを嫌い「しかるべき人物を得るかどうかは盧生にかかっている。官吏の選挙(選抜)は名声ある者を採ってはならない。名声は画餅(画に描いた餅)のようなもので、飢えを満たす事はできない」と詔勅を下した。盧毓は「名声は特別な人物を招くには不十分でも、普通の人物を得るにはよろしいでしょう。普通の人物は教えを敬い、善を慕いました後で、はじめて有名になるのですから、憎むべきものではありません」と答えた。

盧毓が無官の管寧を推挙したが、曹叡は登用する気になれなかったので、次善の候補を尋ねた。盧毓が韓曁常林の起用を勧めると、曹叡は韓曁を起用した。盧毓は人材登用に人格・品行を最優先し、その後にはじめて才能に触れるという方針を採った。李豊がその理由を尋ねると「才能を善行に役立てる事ができなければ、才能が役に立たないという事だ」と答えた。

曹芳(斉王)が即位すると、関内侯の爵位を賜った。曹爽は実権を握ると盧毓を地方に出したが、世論の批判が多かったため内勤の光禄勲に転任させた。249年司馬懿はクーデターで実権を握ると、盧毓に司隷校尉を兼任させ、曹爽の裁判を担当させた。この時、盧毓が宦官の張当を拷問し、曹爽らの謀反の企みを自白させると、曹爽らは皆死刑に処された。

255年毌丘倹らが反乱を起こすと、鎮圧に赴いた司馬師の留守として物事を執り仕切った。256年、重病となったため官位を辞退しようとしたが、司空に昇進させられた。

257年死去し、成侯とされた。