メインメニューを開く
古墳時代の直刀。メトロポリタン美術館所蔵。

直刀(ちょくとう)とは、のうちで刀身に反りのない真っ直ぐな形のもののこと。日本では、平安時代中期以前のものはこの形となり、それ以降の刀身に鎬があり反りをもった彎刀を太刀(たち)と呼び、直刀には大刀(たち)の字を当てる。また短いものは横刀(たち)の字を当てる。日本美術史および日本刀研究における分類では「上古刀」に位置づけられるものである(日本刀の項も参照)。

直刀の歴史編集

弥生時代編集

日本における直刀の出現は、弥生時代の後期中葉に遡り、墳丘墓などの遺跡から西日本を中心に出土している[1](なかご)の尻に鉄製の環が付く「素環頭大刀(そかんとうのたち)」のほか、環のつかないものも出土しているが、多くは中国大陸()からの舶載品と考えられている[2]

古墳時代編集

鉄製の刀剣が日本で生産されるようになったのは古墳時代以降だが、古墳時代前半代は、直刀よりも直刃、両刃の直剣が多かった。両刃の剣は5世紀末までに廃れ、古墳時代後期以降は直刀が用いられた[3]。同時代後期の直刀は、「装飾付大刀」と呼ばれ、金・銀・金銅装の煌びやかな刀装具に飾られたものが大量に出現した[4]。本来の武器としての使用のほかに、儀礼用(儀仗)に使われることもあり、刀身に文字が彫ってある物も散見される。

飛鳥・奈良時代編集

中大兄皇子中臣鎌子らの起こした乙巳の変辺りから切刃造りの直刀が出土していることから、飛鳥時代にはすでに平造り切刃造りの直刀が製造されたことが伺える。

柄の長さの変化編集

古墳時代全体を通して直刀のの長さは15センチ以上の両手持ちが用いられたが、6世紀後葉になると、柄の長さ10センチ以下の片手持ちの直刀が主流となり、刀身も75センチ以下となる。推古朝期に両手打ちから片手打ちへと変化したのは、馬具の出土量の増加からも、騎兵戦闘を指向して武器の換装が行われたものと考えられている[3]

北海道における直刀編集

本州・四国・九州においては、平安期以降、彎刀の出現と共に直刀は廃れていくが、北海道においては、13 - 14世紀まで木柄・直刀が確認され、この頃に出現し始めた蝦夷刀・蝦夷拵が15世紀に確立するまで続いた(『日本考古学 第39号』 2015年5月所収 関根達人 佐藤里穂 「蝦夷刀の成立と変遷」)。

著名な直刀編集

備考編集

  • の皇帝は、卑弥呼に対して、諸々の器物を与えたが、その中には、五尺刀二口も含まれている。魏の五尺を120.6センチとすると、日本で出土する3世紀頃の鉄刀は、どれも100センチ前後であり、今のところ、魏の五尺刀とみられる鉄刀は発見されていない[5]。その為、当時の倭人にとって、五尺刀はかなり長大な刀とみられる。
  • 弥生時代後期の倭王は大陸の皇帝に鉄刀を賜る事で、権威を誇示した。こうした大陸皇帝の政策(懐柔)を倭国の政治的中心国であった大和国も模しており、大陸の影響力が低くなった4世紀代から5世紀にかけて鉄剣・鉄刀を与えている。
  • 古墳後期の直刀の柄の長さの変化は、騎馬民族王朝説の否定にも繋がっている。古墳前・中期に列島を征圧していったとするなら、所持している刀の柄は騎上で実戦的な片手打ちが主流でなければおかしく、出土している両手打ち(古墳前中期で主流)の直刀の柄とは矛盾している(柄の長さからして騎兵向きといい難い)[6]

脚注編集

参考文献編集

  • 大阪府立近つ飛鳥博物館『金の大刀と銀の大刀-古墳・飛鳥時代の貴族と階層-平成8年度秋季特別展大阪府立近つ飛鳥博物館図録9』大阪府立近つ飛鳥博物館、1996年10月。NCID BN15700384
  • 野島, 永「弥生時代後期から古墳時代初頭における鉄製武器をめぐって」『考古論集-河瀬正利先生退官記念論文集-』河瀬正利先生退官記念事業会、2004年3月、541-551頁。NCID BA6634554X
  • 大阪府立近つ飛鳥博物館『開館10周年記念特別展示・大阪府立近つ飛鳥博物館図録36-今来才伎 古墳・飛鳥の渡来人-』大阪府立近つ飛鳥博物館、2004年10月、26頁。NCID BA69370022
  • 石野博信「前方後円墳とは何か」『季刊考古学』第90巻、雄山閣、2005年1月、 ISBN 9784639018759
  • 会下, 和宏「弥生時代の鉄剣・鉄刀について」『日本考古学』第23巻、日本考古学協会、2007年5月、 26頁、 ISSN 1340-8488
  • 岡安, 光彦「軍事考古学的に見た壬申の乱」『日本考古学協会総会第73回総会-研究発表要旨-』日本考古学協会、2007年5月、54頁。NCID BA31803455

関連項目編集