石野 博信(いしの ひろのぶ、1933年 - )は、日本考古学者奈良県立橿原考古学研究所研究嘱託、兵庫県立考古博物館名誉館長。主として古墳時代を研究領域としており、とくに纒向遺跡発掘調査に携わったことで知られる。

石野 博信
人物情報
生誕 (1927-11-09) 1927年11月9日
日本の旗 日本 宮城県牡鹿郡渡波町(現石巻市
出身校 関西学院大学文学部
学問
研究分野 考古学
研究機関 徳島文理大学文学部
テンプレートを表示

経歴編集

1933年昭和8年)、宮城県牡鹿郡渡波町(現在の石巻市)に生まれる。宮城県石巻高等学校関西学院大学文学部を経て関西大学大学院考古学を学ぶ。

大学院修了後、兵庫県教育委員会に入り、のち奈良県立橿原考古学研究所の所員となって1971年(昭和46年)より関川尚功とともに奈良県桜井市の纒向遺跡の発掘調査に携わった。纒向遺跡出土土師器の分類によって纒向編年を行い、また、外部からもたらされた大量の土器の存在から纒向遺跡を3世紀都市的な遺跡であることを明らかにした[1]。 こののち、橿原考古学研究所研究部長、副所長兼附属博物館館長、兵庫県立考古博物館初代館長、徳島文理大学文学部教授および香芝市二上山博物館館長歴任。奈良県立橿原考古学研究所研究嘱託、兵庫県立考古博物館名誉館長。

前方後円墳にかえて「長突円墳」の用語を使用しており[2]、この墳形は、3世紀中葉に大王墓として採用されて6世紀末までつづくが、継体朝における反乱の将であった筑紫国造磐井も長突円墳(前方後円墳)を造営していたことから「前方後円墳体制」は精神的紐帯に過ぎず、祭祀の内容もまた大きく変質していったと唱えている[3]。また、寺沢薫の唱えた「纒向型前方後円墳」については、関東地方以西においては邪馬台国の女王卑弥呼の登場した2世紀末葉の段階から、その拡散の可能性が考えられるとしている[4]

主な発掘調査と文化財関係委員編集

兵庫県内では加茂遺跡川西市)、芦屋市会下山遺跡芦屋市)、田能遺跡(尼崎市)、奈良県内では纒向遺跡のほか、藤ノ木古墳斑鳩町)、太安万侶墓(奈良市)などの発掘調査に携わった。

また、奈良県、橿原市、桜井市、明日香村、兵庫県、姫路市香川県京都府宮崎県宮崎市東京都世田谷区長野県須坂市福島県会津坂下町、および、故郷の宮城県石巻市など各地方公共団体における文化財関係委員を歴任している。

単著編集

共著編集

編著編集

  • 『日本史・空から読む〈西日本編 第1巻〉九州』日本航空写真文化社、1985年5月。
  • 『日本史・空から読む〈西日本編 第2巻〉中国・四国』日本航空写真文化社、1985年5月。

共編著編集

  • 石野・河上邦彦・岩崎卓也・白石太一郎編『古墳時代の研究』雄山閣(全13巻)
  • 石野・森浩一編、大塚初重・金達寿・和田萃・大林太良・豊田有恒著『藤ノ木古墳とその文化』山川出版社、1989年5月。ISBN 4634602202

論文編集

  • 「古墳の変質」『季刊考古学 第7号』雄山閣、1984年。
  • 「長突円墳(前方後円墳)は大和王権の政治的記念物か」『季刊考古学 第90号』雄山閣、2005年2月。

ほか多数

脚注編集

  1. ^ 石野・関川『纒向』(1976)
  2. ^ 石野『邪馬台国の考古学』(2001)p.57
  3. ^ 石野「長突円墳(前方後円墳)は大和王権の政治的記念物か」(2005)
  4. ^ 石野『邪馬台国の候補地 纒向遺跡』(2008)p.54

外部リンク編集