馬具(ばぐ)とは、人間ウマを効率よく制御(扶助)するためにウマに装着させる色々な道具のことをいう[1]

馬具編集

馬の制御として、人間からの手綱(拳)、足、サドル(座骨)、声で操作でき、これらを英語でNatural aidsという。補助として使う鞭や拍車などを Artificial aids という。Artificial aids を過度に使用すると、馬がパニックになったり、人間の言うことを聞かなくなったり、人間不信になる可能性があるほか、動物虐待として捕まる可能性もある。そのため、多くの馬術組織では使用に厳格な規則を設けている。

  • 国際競馬統括機関連盟からのガイドラインには「Article 32 A (RACING) - MINIMUM STANDARD GUIDELINES ON THE WHIP AND ITS USE」と記載され、鞭の使用に関する規定がある[2]
  • 英国競馬統括機構では、平地競走で鞭の使用は7回、障害競走で8回までとされており、打つ場所や力加減など厳しく制限をかけられている[3]
  • JRAでは、2014年の時点でルールブックに記載されていないが、鞭の使用は最大10回までとされており、違反者は罰金などが科される[4]

これらは一例であり、海外の大会に出場する騎手が知らずに罰金などを受けるケースが発生している。

  • 米国のマイク・スミス騎手がサウジカップに出場した際には、10回以上の鞭の使用が確認され、9日間の出場停止、20万ドル以上の罰金を科された[5][6]
  • 日本の川田将雅騎手がイギリスのレースに出場した際に、鞭の規定:「馬に反応の時間を与えずに鞭を使用した」に抵触した。英国競馬統括機構の裁決委員から3日の騎乗停止処分を受けて、JRAは「日本中央競馬会競馬施行規程第147条第18号(外国の競馬の競走の公正かつ安全な実施を害する行為をした者(その行為について既に当該競走に係る制裁を行う機関により戒告若しくは過怠金の賦課に相当する処分を受けた者又は期間を定めて騎乗を停止された騎手であって、当該競走後から引き続き本邦外の地域にあり、かつ、当該騎乗を停止された期間を満了したものと認められるものを除く。))[7]」に基づき、英国競馬統括機構の処分と同じ特定期日の騎乗停止処分を行った[8]

競走馬用の馬具編集

競馬においては、競走馬をレースに集中させたり負傷を防ぐためにさまざまな馬具が用いられる[9]

メンコ編集

 
メンコを装着した競走馬

競走馬の頭部につける覆面[9]。英語ではhoodとも言う。本来は周囲の音に対して敏感な競走馬につけて音を聞こえにくくするためのもの(耳を覆う部分を耳覆いという[9])である[9]が、装飾として装着されることもある。耳覆いのないメンコのことを鼻頭という[9]。デザインは勝負服に合わせたり、厩舎オリジナルの物があったり多種多様である。また障害競走に出走する馬のメンコは、障害飛越時の衝撃でメンコがずれて前が見えなくならないように目の部分が大きくなっている。日本では目にする機会の多い馬具であるが、海外における使用頻度はそれほど高くない。

周囲の音が聞き取りづらくなるため、馬によっては却って不安を高めてしまう可能性もある。元JRA騎手の岡部幸雄は現役時代、これを理由にメンコの着用に否定的だった。反面、現役のJRA騎手である武豊はメンコの効果を認める発言をしている。

ブリンカー編集

競走馬の目を覆う馬具で遮眼革(しゃがんかく)とも呼ぶ[9]。後方の視野を奪い[9]、競走馬の意識を前方へ集中させることが目的。レースで他の馬や地面に映る影を怖がる馬やよそ見をする馬に用いられ[9]、馬の個性によっては片側の目だけを覆う場合もある[9]。ブリンカーつきのメンコもある。なおブリンカーを装着する馬は出馬表にBと表記される[9]。これを装着することによって前走から一変する馬も少なくない。出馬表に表記される馬具は基本的にブリンカーのみである。障害競走では、飛越の際に目測を誤る危険性が高いことから装着を禁じられている。

主にメンコとセットで使用するものである。

初めて装着したレースで最も大きな効果を発揮するといわれ、そのことを表す言葉として英語では「ファーストタイム・ブリンカー」、日本語では「初ブリ」がある[10]

パシファイアー編集

 
パシファイアーのついたメンコを装着した競走馬(フジマサチャンプ)

語源は英語の"pacifier"(なだめる人、調停者の意)。ホライゾネットともいう[11]。網目状のブリンカー[11]。レース中に他の馬が蹴って跳ね上がった砂が目に入るのを防ぐためのものであるが、装着すると視野が制限されレースに集中する効果が生まれることもある[11]。パドックなどでは装着していても、レース中に装着する馬はそこまで多くない。

チークピース編集

 
赤いチークピーシーズを着用した競走馬(パーフェクトジョイ)

目の外側、頬の位置につけ、横および後方の視覚を奪うための馬具[11]。見える範囲はシャドーロールとほぼ同じ。通常左右2つ付けるため複数形でチークピーシーズ(または「チークピーシズ」)と呼ぶ。オーストラリアンブリンカーサイドバーンズ(もみあげの意)とも呼ばれる。

シャドーロール編集

競走馬の鼻梁に装着し、下方の視界を遮るために使用する矯正用の馬具。

ブロウバンド編集

馬の額につけるシャドーロール。上方の視界を遮るために使用する。

バンデージ編集

包帯状のテープ。肢巻ともいう[11]ほか、バンージという誤記も定着してしまっている。競走馬の脚部に巻き、外傷から保護するために用いられる[11]。腱や靭帯を保護するためサポーターやテーピング代わりに装着されることもある[11]

馬具の歴史編集

世界の馬具編集

日本の馬具編集

 
馬形埴輪(東京国立博物館

日本列島では古墳時代4世紀後半から5世紀にかけて家畜化された馬が伝来し、馬具も日本列島へもたらされた。古墳時代には古墳副葬品として馬骨や馬歯とともに金属製の馬具が出土しており、中には馬具を装着したまま埋葬された馬遺体も見られる。また、埴輪(はにわ)には動物を形象したものが見られ、馬を形象した埴輪馬(馬形埴輪)も存在し、各種の馬具を装着した姿として表現されている。

 
唐花蒔絵鞍(メトロポリタン美術館蔵)

中世には人が座すために置かれる鞍骨を含め、鐙や腹帯など馬具一式を総称して「鞍」と呼び、同時に狭義として鞍骨のみを指して鞍とも呼んでいた[12]。鞍は使用する馬具の組み合わせによって唐鞍・移鞍・大和鞍・水干鞍・軍陣鞍・六位鞍などに区別されている。貴族の時代には身分・官職によって使用できる馬具やその装飾(料)に規定があり、朝儀用の装飾豊かな唐鞍や移鞍は殿上人の官馬に着けられ、六位以下の官人や一般の武士が使用する地味な装飾馬具を六位鞍と呼んだ。鎌倉時代以降の武士の時代に入ると、実用的な大和鞍や軍陣鞍・水干鞍が主流となり、新たな身分秩序に応じた料の規定が設けられた。 室町以降になると貴族は権威は失墜し、半士半農民によって戦時以外の平時における農耕馬や山野路での運搬用の馬方(馬子)の需要が見出された。鼻先に付け横木に繋いでおく鼻捻(びねん・はなねじ)棒[1]やももろい(腿牢・腿篭:ももろうとも言う)という脛につけ腿を動けなくする制御用の馬具が出てきた。その他にも馬が長時間の走行で疲れ腿が鬱血した際に瀉血用の馬針(刃針:ばしん)[2]が用いられた。

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『戦術、時代背景がよくわかる カラー版 戦国武器甲冑辞典』、監修者中西豪、大山格、発行所株式会社誠文堂新光社、2015年4月16日、p.282.
  2. ^ Article 32 A (RACING) - MINIMUM STANDARD GUIDELINES ON THE WHIP AND ITS USE 国際競馬統括機関連盟
  3. ^ The whip英国競馬統括機構 参照日:2021年5月3日
  4. ^ 鞭の使用制限について武豊Official Site
  5. ^ Report: Smith Hit With Severe Penalties for Saudi Cup Whip Overuse Thoroughbred Daily News
  6. ^ [https://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=202003020000524&year=2020&month=03&day=02 サウジC2着スミス騎手が制裁で“史上最高”罰金額 ]日刊スポーツ
  7. ^ 日本中央競馬会競馬施行規程
  8. ^ 川田将雅騎手の騎乗停止処分についてラジオNIKKEI
  9. ^ a b c d e f g h i j 池田2010、172頁。
  10. ^ 矢作2008、144頁。
  11. ^ a b c d e f g 池田2010、173頁。
  12. ^ 二木謙一『中世武家の作法』 <日本歴史叢書> 吉川弘文館 1999 ISBN 4642066578 pp.30-35.

参考文献編集

  • 池田和幸『勝ち馬がわかる競馬の教科書』池田書店、2010年。ISBN 978-4-262-14465-8
  • 矢作芳人『開成調教師 安馬を激走に導く厩舎マネジメント』白夜書房〈競馬王新書 016〉、2008年。ISBN 978-4-86191-476-8

関連項目編集

人側乗馬用具