メインメニューを開く

直原玉青

直原 玉青(じきはら ぎょくせい、1904年8月1日 - 2005年9月30日)は、日本画家禅僧俳人

岡山県赤磐郡(現:赤磐市)生まれ、兵庫県淡路島で育つ。本名は正。大阪美術学校[1]卒業。帝国美術展に初入選後、日展に16回入選する。南画の第一人者。社団法人日本南画院会長理事長現代南画協会理事長、財団法人青少年文化研修道場理事、守口市美術協会会長、青玲社主宰、黄檗宗国清寺住職、俳誌「早春」選者[2]などを務める。洲本市名誉市民守口市名誉市民、南あわじ市名誉市民。

2005年9月30日心不全のため死去した。101歳没。

目次

経歴編集

個人美術館編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 1924年(大正13年)に、矢野橋村が、福岡青嵐、斉藤与里、直木三十五らと大阪市南区天王寺悲田院町に設立した学校。1929年(昭和4年)に河内郡牧野町御殿山に移転し、1944年(昭和19年)に陸軍による建物接収まで続く。詳細は、小辻昌平「大阪美術学校の設立と創成期~大正末期から昭和初期の大阪での芸術運動の変遷~」(マイルドHOPEゾーン平成24年度調査研究事業)を参照。
  2. ^ 俳句は「ホトトギス」で高浜虚子に学び、句画禅一如を説いた。

外部リンク編集