メインメニューを開く

直司(なおじ、英語: Naoji2001年 - 2018年9月6日)は、日本イヌ埼玉県にて愛玩犬として飼育されていたが、のちにテレビラジオに出演するとともに、自身をモデルにしたフィギュアが発売されるなど、タレント犬としての一面を持つ。

直司
(なおじ)
生物 イヌ
犬種 雑種
性別
生誕 2001年
日本の旗 埼玉県
死没 (2018-09-06) 2018年9月6日(17歳没)
職業 愛玩犬
代表作4Gamer TV
〜突然! ブッピGAN!〜

2012年〜)
活動期間 2012年 - 2018年
著名な要素 タレント犬
名の由来 杉田智和ドラマCD
演じた役名

来歴編集

生い立ち編集

雑種イヌである[1][2]。同時に多数のきょうだいが生まれたため、母犬の飼い主は子犬たちを里子に出すことにした。子犬たちの新しい飼い主を募集したところ、母犬の飼い主の職場の同僚が名乗りを挙げた[2]。この同僚は、多数のきょうだいたちの中からいちばん可愛いと感じた一匹を選び[2]、その犬を引き取ることにした[2]。この犬が、のちに直司と名付けられることになる[2]

杉田家にて編集

新しい飼い主の下、直司は愛玩犬として飼育されることになった[2]。なお、この新しい飼い主は杉田智和の父であり、当時は杉田智和はまだ大学生であった[2]。その後、智和は声優として活躍するようになった[2]が、智和がレギュラー出演するラジオ番組などで度々直司に言及したことから、直司の知名度も上昇した。

2012年から放送が開始されたインターネットテレビ番組4Gamer TV 〜突然! ブッピGAN!〜』では、オープニングに登場を果たし、毎回紹介されるなど、事実上のレギュラーとなった。ラジオ番組杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン!!』でも度々話題に上ったことから、2015年4月19日に開催された公開録音イベントでは、直司とともに写真が撮れるという触れ込みの顔ハメ看板が登場した[3]。このように、マスコット的存在として親しまれるようになった。

その影響から、Aetasが運営する「4Gamer.net」のテレビコマーシャルに起用されることが発表された[4]。このテレビコマーシャルにおいては、ライターマフィア梶田と共演しており[5]、もともと人間だったが呪詛の姿に変身させられた登場人物を演じている。なお、この登場人物が犬から人間に戻ってからは、代わりに杉田智和が演じている。また、漫画家羽海野チカが直司を描いたイラストも登場している。なお、このテレビコマーシャルの映像は、ふだん直司が飼育されている杉田家の和室にて撮影された[5]。このテレビコマーシャルは、2013年5月よりキッズステーションにて放映が開始された[5]

さらに、『朝日新聞』のシリーズ企画「かぞくの肖像」に取り上げられることになった[2]。2013年5月23日には、智和とともに直司の写真が掲載されるとともに[2]、智和が直司について語るインタビュー記事が掲載された[2]。さらにはアートボックスによりフィギュア化されることが発表され、2015年7月に1/12モデルとして発売された[6]

なお、アークシステムワークスが発売したPlayStation Vita用ゲーム『月英学園 -kou-』においては、スペシャルサンクスとして直司がクレジット表記されている。

2018年9月6日、杉田智和のTwitterで亡くなったことを公表。17歳没[7]

性格編集

趣味嗜好
林檎を好む[2]。また、杉田智和にを撫でられるのを好む[2]。近所の雌の犬が好きで、杉田家では居間にいることを好み[2]、寒い日には炬燵に入って寝ていることもあるという[2]
名前
杉田智和は当初「ビグザム」[1]と命名しようとしていたが、智和の祖父にも覚えやすいようにとの思いから[2]、一見すると日本人のような名前を付けたという。名前の由来は、かつて智和が演じた役名に因んでいる[2]
杉田智和への影響
直司は杉田智和によく懐いており[2]、直司を散歩に連れて行くのは智和の担当だった[2]。直司についての新聞記事にて、智和は「僕は末っ子です。直司はわが家では年齢や立場が一番下になるので、自分がもう1人いるような感じです」[2]と語っている。智和がシェパードを演じることになったとき[2]、直司の様子や鳴き声を参考にしつつ役作りに臨んだという[2]
交友
テレビコマーシャルで共演したライターのマフィア梶田は、プライベートでも杉田智和の実家を訪れ[8]、直司と戯れている[8]。また、ゲームクリエイターの祁答院慎も、梶田とともに智和の実家を訪れており[8][9]、そのときに直司と戯れた経験を持つ[8][9]

出演編集

インターネットテレビ編集

テレビコマーシャル編集

作品編集

テレビゲーム編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b マフィア梶田「ソロモン72柱でプロサッカークラブをつくったカオスちゃん」『4Gamer.net ― マフィア梶田の二次元が来い!:第69回「ソロモン72柱でプロサッカークラブをつくったカオスちゃん」Aetas2011年8月5日
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 畑山敦子文、松本敏之写真「自分もう1人いる感じ」『朝日新聞朝日新聞東京本社2013年5月23日
  3. ^ 「PC、戦国、そしてカレー。広がる『月英学園』の世界とその展望が語られた『杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン!!』公開録音レポート」『『杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン!!』公録レポ | アニメイトタイムズ』アニメイトラボ、2015年5月16日
  4. ^ TeT「4Gamerの15秒CMを『キッズステーション』(5月3日〜5日は無料放送)でチェック! 出演しているのは、あのライターと……?」『4Gamerの15秒CMを「キッズステーション」(5月3日~5日は無料放送)でチェック! 出演しているのは,あのライターと……? - 4Gamer.netAetas2013年4月27日
  5. ^ a b c マフィア梶田「時空の乱れに立ち向かう幻想殺しの裏話」『マフィア梶田の二次元が来い!:第156回「時空の乱れに立ち向かう幻想殺しの裏話」 - 4Gamer.netAetas2013年5月17日
  6. ^ 「商品詳細」『1/12 直司 - MODELKASTENアートボックス
  7. ^ 杉田智和 on Twitter:『実家から直司が亡くなったとの連絡を受けました。享年17歳。彼ほど世界中に愛された雑種犬はいないと思います。ありがとうございました。 https://t.co/ApiZn1mlT9』」『Twitter』、2018年9月6日。2018年9月6日閲覧。
  8. ^ a b c d マフィア梶田「聖地サイタマで勃発した禁忌の大乱闘なのん」『マフィア梶田の二次元が来い!:第224回「聖地サイタマで勃発した禁忌の大乱闘なのん」 - 4Gamer.netAetas2014年9月19日
  9. ^ a b 祁答院慎@映画コープスBS BD発売中!祁答院慎@映画コープスBS BD発売中!さんのツイート: "先日お邪魔した杉田さんのご実家で。梶田さんが栗を食べてたら、直司君が凄い勢いで見てた。いい顔しおる(笑)! http://t.co/tIS00QXiJm"ツイッター2014年9月18日

関連人物編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集