メインメニューを開く
相馬忠胤

相馬 忠胤(そうま ただたね、寛永14年(1637年) - 延宝元年11月2日1673年12月9日))は、江戸時代前期の大名相馬氏第19代当主、陸奥相馬中村藩第3代藩主。土屋利直の次男。相馬義胤の養嗣子。子には貞胤(長男)、昌胤(次男)、娘(佐竹義長室、後に離婚)、娘(北条氏朝継室)などがいる。

生涯編集

寛永14年(1637年)、上総久留里藩2代藩主・土屋利直の次男として誕生した。

慶安4年(1651年)3月3日、陸奥相馬中村藩2代藩主・相馬義胤が病死し、承応元年(1652年)2月8日、義胤には嗣子が無かったため、利直の次男を娘の亀姫と娶わせることで、家督を相続させた。これは江戸幕府老中松平信綱にも認められて、ここに相馬忠胤が誕生した。同年12月28日、従五位下・長門守に叙任された。

忠胤は内政手腕に優れ、明暦2年(1656年)には領内で検地を行ない、年貢減免や倹約、そして100石につき1両の積立金制度を実施している。寛文8年(1668年)には新田開発を行なった。幕府とも密接な関係を持って、名君と言われた。

延宝元年(1673年)10月、相馬中村城において病に倒れ、11月2日に死去した。