メインメニューを開く

佐竹 義長(さたけ よしなが)は、江戸時代前期から中期にかけての大名出羽国岩崎藩初代藩主

 
佐竹 義長
時代 明暦元年9月4日1655年10月3日
生誕 元文5年12月7日1741年1月23日
改名 千代松丸(幼名)→義知(初名)→義長
別名 左近
戒名 指月院殿空山宜弾
墓所 東京都板橋区小豆沢の総泉寺
官位 従五位下左近将監壱岐兵部少輔
幕府 江戸幕府
主君 佐竹義処徳川綱吉家宣家継吉宗
出羽岩崎藩
氏族 佐竹氏
父母 佐竹義隆光聚院(寿流姫、佐竹義章娘)
兄弟 義寘、義処、義慰義長、亀子(黒田長興継室)
正室相馬忠胤の娘(後、離縁)
継室聖相院松浦信忠娘、松浦鎮信養女)
義峯(次男)、佐竹義道正室、明鏡院ら2男2女
養子義道

生涯編集

明暦元年9月4日1655年10月3日)、出羽久保田藩2代藩主・佐竹義隆の四男として誕生。母は佐竹義章の娘・光聚院。

寛文8年(1668年)12月12日、江戸幕府4代将軍徳川家綱御目見する。寛文10年(1670年)12月28日、従五位下・左近将監に叙任する。元禄3年(1690年)、兄で久保田藩3代藩主・義処より2万石を分与された。

元禄14年(1701年)2月11日、幕府からも正式に支藩として公認されて、秋田新田藩(後の岩崎藩)は成立した。義長は文学に不学で、仁愛の無い暗君と称されている。元文5年(1740年)12月7日、死去。享年86。跡を婿養子・義道が継いだ。

子孫は、義長の官位から壱岐守家とも称された。