省試(しょうし)とは、古代日本律令制下の式部省で行われた官人候補者への試験である。

概要編集

本来は式部省が実施した、秀才・明経・進士・明法などの試験を指すものだったが、平安時代以降は文章生試を指す場合が多い。文章生試は定員20名の文章生を詩賦(漢詩文)の作成により選抜する試験で、当初は大学寮で行われる寮試であったが、天長4年(827年)から承和6年(839年)の間に省試になり、式部大輔あるいは少輔が問題を出すことになり、さらに、擬文章生がその受験資格者として、同じく天長4年から貞観8年(866年)の間に設置された。

文章生試に及第することで、紀伝道学問が成就したことになり、秀才を受験し、学者になるものを除けば、大多数の文章生は及第順に出仕していった。

参考文献編集

関連項目編集