メインメニューを開く
ゴンドラ
麓の駅(阿波おどり会館)

眉山ロープウェイ(びざんロープウェイ)は、徳島県徳島市眉山にある徳島市営のロープウェイである[1]指定管理者制度により、 阿波おどり会館・眉山ロープウェイ運営共同事業体(徳島新聞社・エアトラベル徳島から構成)[2]が運行・管理を行っている[3][4]地方公営企業法の財務規定等が適用されている。

歴史編集

ゴンドラ編集

1999年7月31日から使用されている現在のゴンドラは、安全索道が設計製作されたもので、榛名山ロープウェイに近似した15人乗りの2両連結式となっており、1号車から4号車までの4両が在籍している。座席はすべて折りたたみ式となっている。夜間運転時には駅停車中以外はライトアップが行われる。現在の方式は榛名山ロープウェイと同一の単線交差式となっているが、以前は循環式であった[5]

所在地編集

運行時間編集

運賃編集

  • 大人
片道610円、往復1,020円
  • 小学生
片道300円、往復510円

障害者及び付随人1名に限り半額となる。

  • 2018年4月1日以降の利用に関しては、原則として阿波おどり会館・眉山ロープウェイ運営共同事業体が発行した乗車券のみ有効。2018年3月31日までに徳島市観光協会が発行した乗車券も2019年3月31日まで利用可能であるが、同年4月1日以降は徳島市観光協会が発行した乗車券は利用できない。[2]

交通アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集