真夜中を突っ走れ

真夜中を突っ走れ」(まよなかをつっぱしれ、英語: Whatever Gets You Thru The Night)は、1974年に発表されたジョン・レノンの個人名義第4作アルバム『心の壁、愛の橋』に収録された楽曲およびシングル曲である。

真夜中を突っ走れ
ジョン・レノンシングル
初出アルバム『心の壁、愛の橋
B面 ビーフ・ジャーキー
リリース
規格 7インチシングル
録音 1974年
ジャンル ロック
時間
レーベル アップル・レコード
プロデュース ジョン・レノン
チャート最高順位
  • 1位 (アメリカ)
  • 36位 (イギリス)
  • 72位 (オリコン)
ジョン・レノン シングル 年表
マインド・ゲームス
(1973年)
真夜中を突っ走れ
(1974年)
夢の夢
(1975年)
テンプレートを表示

主な演奏者は以下のとおり。エルトン・ジョン(バッキング・ボーカル、ピアノ、オルガン)、ジェシ・エド・デイヴィス(ギター)、ジム・ケルトナー(ドラムズ)、クラウス・フォアマン(ベース)、ケニー・アスチャー(クラビネット)、ボビー・キーズ(テナー・サックス)など。

概要編集

アルバムからの最初のシングル曲として発表され、アメリカビルボード(Billboard)誌では、1974年11月16日に、週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1974年年間ランキングは第84位。B面は「ビーフ・ジャーキー」。

ジョンは『イマジン』でビルボードのアルバムチャート1位になった事があるが、シングルは最高3位であったため、これが初の1位シングル曲である。

ジョンはこの曲が1位になったお礼に、1974年11月29日にエルトン・ジョンのマディソン・スクエア・ガーデンでのコンサート[1]に参加し、「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」を演奏した。また、これには逸話があり、ジョンは「何万年かかったって、売れなさそうなもんさ。1位になんてなれない」と読み、冗談でこの約束を取り交わしたところ、予想に反し1位になってしまった。このコンサートには別居中のオノ・ヨーコがエルトン・ジョンの手引きで観に来ており終了後楽屋で再会、「失われた週末」に終止符を打ったのである。なお、この曲が1位になったお礼として、今度はエルトンの録音にジョンが参加し、またも1位になった。それが「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」である。

2005年発表のリマスター版「心の壁、愛の橋」には1974年11月29日のライブで演奏されたバージョンがボーナス・トラックとして収録されている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ エルトン・ジョンのライヴアルバム『ヒア・アンド・ゼア〜ライブ・イン・ロンドン&N.Y.』にこの日の音源が3曲とも収録されている。

関連項目編集

先代
バックマン・ターナー・オーヴァードライヴ
「恋のめまい」
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1974年11月16日(1週)
次代
ビリー・スワン
「アイ・キャン・ヘルプ」

外部リンク編集

John Lennon