真武湯(ツムラ

真武湯(しんぶとう)は、漢方方剤の中でも下痢症や腹痛などに処方される漢方薬。出典は『傷寒論』。

目次

概要編集

時代の『傷寒論』という書物でも紹介される寒証虚証に適した代表的な方剤。元来は玄武湯と呼ばれていたものの、の皇帝の名(趙玄朗)と重複することから真武湯と改称された。玄武中国の神話に登場する四神の1つで、北方の守護神である。四神の神獣とは青竜白虎朱雀玄武である。主薬である附子黒色であることから、玄武湯と呼ばれるようになった[1]

虚証寒証湿証などに効果がある。 すなわち体を温め、水分の循環をよくし体全体の機能を高める働きがある。また、鎮痛効果も持ち合わせる。冷え性で痩せ型の者や、虚弱体質、体力が低下し、腹痛・下痢などを起こしやすい体質に向く処方である。冷え性、めまい、下痢、消化不良、慢性腸炎、風邪などに効果がある。寒証向けの方剤ゆえ、一般に体力が充実し、のぼせがあり暑がりである人(実証熱証)には禁忌[1]

構成生薬編集

適応 [1]編集

副作用編集

体質によって、服用時のむかつき、食欲不振、動悸やのぼせ、舌のしびれなどがみられる。附子(ぶし)は、のぼせ傾向の人には適せず、のぼせ、しびれ感が出る場合には服用を中止する。

注意事項編集

  1. 実証熱証には禁忌。
  2. 高齢者は生理機能の低下のため減量、小児は附子含有のため注意[3]
  3. 妊産婦は附子の副作用が出現しやすく投与を控える[3]
  4. 附子を含む他の方剤との飲みあわせには、注意が必要。
  5. 1ヵ月以上服用しても症状がよくならない場合は医師に相談。
  6. 食前もしくは食間に服用。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 役に立つ薬の情報~専門薬学「真武湯の効能:冷え、下痢、腹痛、めまい、風邪」
  2. ^ 本来であれば白朮を用いるところで、メーカーによって白朮と蒼朮が異なるが、蒼朮を用いるのは日本独自の古方派に由来するものである。
  3. ^ a b ツムラ製品情報『ツムラ真武湯』

関連項目編集

外部リンク編集