矢ケ﨑典隆

矢ヶ﨑典隆から転送)

矢ケ﨑 典隆(やがさき のりたか、1952年 - )は、日本地理学者東京学芸大学名誉教授、日本大学文理学部地理学科教授[1]地誌学を専門とし[1]アメリカ合衆国など北アメリカにおける農業地域の形成と変容をおもな研究主題としている[2]

姓については、矢ヶ﨑矢ケ崎などの表記がなされる場合がある。

経歴編集

石川県生まれ[3]

1975年東京教育大学理学部地学科地理学専攻を卒業[1]。その後、渡米しカリフォルニア大学バークレー校地理学研究科に学び、1978年M.A.1982年Ph.D.を取得した[1]

1983年6月に筑波大学地球科学系の講師となり、1987年横浜国立大学教育学部助教授となった[1]1998年東京学芸大学教育学部助教授に転じ、その後、教授に昇任した[1]

2012年から2014年にかけて日本地理学会会長、2016年から2018年にかけて地理空間学会会長を務めたほか、地理学関係の学協会等の役員を歴任しており、2018年からは日本大学地理学会会長となっている[1]

おもな著書編集

単著編集

  • 移民農業:カリフォルニアの日本人移民社会、古今書院、1993年
  • 食と農のアメリカ地誌、東京学芸大学出版会、2010年

編著編集

  • Japan : geographical perspectives on an island nation 3rd ed., Teikoku-Shoin, 1997
  • アメリカ(世界地誌シリーズ 4)、朝倉書店、2011年
  • 移民社会アメリカの記憶と継承―移民博物館で読み解く世界の博物館アメリカ―、学文社、2018年

翻訳編集

  • アメリカ合衆国 2(図説大百科世界の地理 2)、朝倉書店、1997年

その他、教育教材、学習参考書等の共編、監修などがある。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 教授 矢ケ﨑 典隆”. 日本大学文理学部地理学科 (2020年4月30日). 2020年7月16日閲覧。
  2. ^ “カリフォルニア州の移民社会を農業通し調査研究”. 朝日新聞・朝刊: p. 13. (1993年11月21日). "アメリカなどの農業地域の形成と展開を研究している矢ケ崎典隆・横浜国立大学助教授..."  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ 著者名典拠情報 DA07704191”. 埼玉大学 / Quantum Technology. 2020年7月16日閲覧。

外部リンク編集

  • 矢ケ﨑典隆 - KAKEN 科学研究費助成事業データベース
  • 研究者リゾルバーID:1000030166475論文一覧(CiNii)
  • 矢ケ﨑典隆 - Researchmap
  • 矢ケ﨑典隆 - J-GLOBAL
  • 日本の研究.com:156089
先代:
田林明
日本地理学会会長
2014年 - 2016年
次代:
荒井良雄