メインメニューを開く

矢部 徳美(やべ のりよし、1948年6月29日 - )は、福島県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

矢部 徳美
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福島県いわき市
生年月日 (1948-06-29) 1948年6月29日(71歳)
身長
体重
170 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1970年 ドラフト2位
初出場 1971年10月9日
最終出場 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

内郷高校では1年から遊撃手1966年夏の甲子園県予選で準々決勝に進むが会津高に敗退。高校卒業後は常磐炭鉱に入社。同社の系列会社で構成する社会人野球チームであるオール常磐に入団、遊撃手として活躍する。

一番打者として1970年の都市対抗に出場。1回戦では電電東海を相手に逆転本塁打を放ち、勝利の立役者となる[1]。2回戦で日本石油のエース三浦健二に完封を喫する[1]が、小柄ながら好守好打の内野手として注目を浴びる。

1970年ドラフト会議南海ホークスから2位指名を受け入団。1971年ジュニアオールスターに出場。同年のシーズン終盤に遊撃手として初出場初先発を果たすが、その後は出場機会がなく、1972年限りで引退

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1971 南海 1 4 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 1 4 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000

記録編集

背番号編集

  • 9 (1971年 - 1972年)

脚注編集

  1. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集