石原 茂(いしはら しげる、1916年大正5年)3月22日[1] - 1994年平成6年)10月7日[2])は、昭和から平成時代の政治家山梨県富士吉田市長。

経歴編集

山梨県出身[1]1933年(昭和8年)山梨県立谷村工商学校卒業[1]

1971年(昭和46年)より富士吉田市長を3期務め、山梨県信用組合協会会長、山梨県社会福祉協議会会長を歴任[1]1988年(昭和63年)都留信用組合会長、1990年(平成2年)教育委員長を務めた[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 日外アソシエーツ 1999, 38頁.
  2. ^ 「石原 茂氏(いしはら・しげる=元富士吉田市長)/山梨」『朝日新聞』、1994年10月10日。

参考文献編集

  • 日外アソシエーツ 編 『現代政治家人名事典』 日外アソシエーツ、1999年。ISBN 481691529X