メインメニューを開く

石坂 公成(いしざか きみしげ、1925年大正14年)12月3日 - 2018年7月6日[1])は、日本免疫学者医学博士ラホイヤ・アレルギー免疫研究所名誉所長[2]

石坂 公成
生誕 (1925-12-03) 1925年12月3日
日本の旗 日本 東京府
死没 2018年7月6日(2018-07-06)(92歳)
日本の旗 日本 山形県山形市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 免疫学
研究機関 国立予防衛生研究所
ジョンス・ホプキンス大学
京都大学
カリフォルニア大学
出身校 東京大学
主な業績 免疫グロブリンEの発見
主な受賞歴 武田医学賞(1973)
朝日賞 (1973)
ガードナー国際賞 (1973)
恩賜賞日本学士院賞(1974)
日本国際賞 (2000)
配偶者 石坂照子英語版
プロジェクト:人物伝

目次

経歴編集

東京府生まれ[2]。父は陸軍少将石坂弘毅。叔父は元経団連会長石坂泰三府立二中旧制成蹊高等学校を経て、1948年東京大学医学部卒業[2]

国立予防衛生研究所免疫血清室長、小児喘息研究所(デンバー)免疫部長、ジョンス・ホプキンス大学医学部教授(京都大学医学部教授兼任)、 ラホイヤ・アレルギー免疫研究所所長、カリフォルニア大学内科教授、米国免疫学会会長等歴任[2]。 1983年、米国科学アカデミー(NAS)会員。

1966年2月20日、新しいアレルギー物質(IgE)の発見を共同研究者である妻の石坂照子英語版と発表する[3]

「引退したら山形に帰りたい」という照子の願いをかなえるため、自らの引退の後、1996年に山形市に同道したが、照子は1998年に発病して山形大学病院に入院。長期入院する妻の看病[4][5]を続けた[6]。これらの縁から、山形大学客員・特別招聘教授、山形県教育委員会委員長などに就任している[7]

2018年7月6日午前7時58分、病気のため、山形県山形市で亡くなった。92歳没。

学術賞編集

栄典編集

系譜編集

        きく
         ┃
         ┣━━━石坂公成
         ┃
      ┏石坂弘毅
      ┃
      ┣石坂定義
      ┃
      ┃堀江悦之助
      ┃ ┃
      ┣松江
      ┃
      ┃鈴木朔太郎
      ┃ ┃
      ┣てい
      ┃
石坂義雄━━╋石坂泰三
      ┃ ┃
      ┃雪子
      ┃
      ┣祖父江久治
      ┃ 
      ┃
      ┣石坂銀五 
      ┃ 
      ┃   
      ┗石坂禄朗  ┏石坂光雄
         ┃   ┃
         ┣━━━╋石坂二朗
         ┃   ┃
  林曄━━━━あや   ┣石坂恒夫
             ┃
             ┗雅子

          

        桂太郎━━井上三郎
              ┃
              ┣━━━井上光貞
              ┃    ┃
        井上馨━━千代子   ┃
                   ┃
       伊達宗徳━━二荒芳徳  ┃   
               ┃  ┏明子
               ┣━━┫
               ┃  ┗治子
   北白川宮能久親王━━━拡子    ┃
                    ┃
                  ┏石坂一義
                  ┃
                  ┣石坂泰介
                  ┃   
             石坂泰三 ┣石坂泰夫
               ┃  ┃
               ┣━━╋石坂泰彦
               ┃  ┃
         織田一━━雪子  ┣石坂信雄
                  ┃
                  ┣智子
                  ┃
                  ┗操子
                   ┃
           霜山精一━━霜山徳爾

 

脚注編集

  1. ^ “石坂公成氏が死去 アレルギー物質発見”. 共同通信社. (2018年7月6日). https://this.kiji.is/387790815316001889 2018年7月6日閲覧。 
  2. ^ a b c d e 免疫とアレルギーのしくみを探る - 常識に合わない現象には未知の真実があるscientist石坂公成 - JT生命誌研究館、2014年12月13日閲覧
  3. ^ 自分と妻の背中にアレルギー物質を注射しあった。照子は米国では、Terryの呼び名で知られていた。
  4. ^ 1998年発症、線条体黒質変性症
  5. ^ アレルギー研究 夫婦で苦楽 花粉症原因物質、発見50年 互いの体で実験「これからも一緒」毎日新聞2016年2月19日 東京夕刊
  6. ^ 山形県立山形西高等学校創立114周年記念式典 校長式辞2014年12月14日閲覧
  7. ^ 山形大学医学部「石坂公成博士足跡記録展示場を開設しました」
  8. ^ 武田医学賞受賞者
  9. ^ 朝日賞 過去の受賞者
  10. ^ 恩賜賞・日本学士院賞・日本学士院エジンバラ公賞授賞一覧 | 日本学士院
  11. ^ 日本国際賞受賞者 石坂公成 - 国際科学技術財団
  12. ^ 会員個人情報 | 日本学士院
  13. ^ 従三位 故・石坂氏に「毎日新聞」2018年8月8日

参考文献編集

  • 武石和風『堂々たる人 財界総理・石坂泰三の生涯』 講談社文庫、1987年 164-165頁
  • 石坂公成『結婚と学問は両立する―ある科学者夫妻のラヴストーリー』 黙出版、2002年

外部リンク編集