石坂洋次郎文学記念館

石坂洋次郎文学記念館(いしざかようじろうぶんがくきねんかん、英語: Yojiro Ishizaka Memorial Hall)は、秋田県横手市幸町にある石坂洋次郎の記念館。1988年に開館した。

概要編集

石坂洋次郎が1926年(大正15年)から1938年(昭和13年)まで13年間教員を勤めた[1]横手に、1988年(昭和63年)2月13日開館。昭和初期の町家と土蔵をイメージして作られ、当時の資料を中心に展示している。

2016年(平成28年)に吉永小百合が個人的に訪れ、サインや、石坂洋次郎と撮影した当時の写真などを提供した[2]

利用案内編集

  • 所在地:〒013-0005 秋田県横手市幸町2-10
  • 開館時間:9:00 - 16:30
  • 休館日:毎週月曜日・祝日の翌日・年末年始(12月29日 - 1月3日)
  • 入館料:一般100円、中学生以下無料
    ※4館共通入場券となっており、ふれあいセンターかまくら館後三年合戦金沢資料館横手公園展望台の3施設を含む4館すべてが100円で閲覧できる。発行日当日限り有効。

アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 1926年から秋田県立横手高等女学校(現秋田県立横手城南高等学校)、1929年から1938年まで秋田県立横手中学校(現秋田県立横手高等学校)に勤務した。
  2. ^ 秋田・JR横手駅 「青い山脈」吉永小百合が語る石坂文学の普遍性(2019年1月26日) - イザ!、吉永小百合さんに聞く(上) 東北への思い吉永小百合さんに聞く(下)「青い山脈」石坂洋次郎への思い(2019年2月11日) - 産経新聞

外部リンク編集