メインメニューを開く

横手公園(よこてこうえん)は、秋田県横手市にある都市公園(総合公園)である[1]

横手公園
横手城模擬天守.jpg
横手城のシンボルである横手城模擬天守
分類 都市公園(総合公園)
所在地
座標 北緯39度19分15.82秒
東経140度34分9.22秒
面積 38.90ha
建築家・技術者 長岡安平
運営者 横手市
告示 1968年4月23日
テンプレートを表示

1908年(明治41年)に横手城跡が公園として整備されたのがはじまりである。模擬天守である横手城展望台は町のシンボルでもあり、園内にはが数多く植えられている。

規模編集

敷地面積は24万平方メートルあり、秋田県内最大級の公園である。

園内の主な施設編集

  • 横手城展望台
横手公園のシンボルとなっている模擬天守であり、内部は郷土資料館と展望台である。冬季休館
秋田藩祖佐竹義宣を祀る神社であり、戊辰戦争で戦死した22人の霊を慰めるために1879年(明治12年)秋田市千秋公園にある八幡秋田神社を分社して建立された。旧横手城の資材を再利用して建てられており、柱に戊辰戦争の際の弾痕が残っている。境内に妹尾兼忠の石碑がある。
  • 本多上野介正純墓碑
宇都宮城釣天井事件を受けて横手へ配流、当地で死去した本多正純の墓碑である。
  • 平和観音
  • D51 270号機
  • ばら園
  • テニスコート
  • 野球場
  • 横手公園スキー場
  • 滝ノ沢霊場

など

歴史編集

  • 1902年(明治35年) - 長岡安平によって公園として設計される。
  • 1908年(明治41年) - 横手城跡が公園として横手町(当時)に移管される。
  • 1930年(昭和5年) - 公園として大整備が行われる。
  • 1965年(昭和40年) - 横手城展望台、平和観音が築かれる。

イベント編集

  • 桜まつり(4月下旬~5月上旬)

アクセス編集

周辺編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集