石川 廉勝(いしかわ かどかつ)は、江戸時代前期の近江国膳所藩の世嗣。官位従五位下弾正大弼

 
石川廉勝
Ishikawa Kadokatsu.jpg
石川廉勝(本久寺所蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 慶長9年(1604年
死没 慶安3年7月8日1650年8月5日
官位 従五位下弾正大弼
近江膳所藩世嗣
氏族 石川氏
父母 石川忠総堀尾吉晴
兄弟 廉勝総長貞當泰総邦総総氏
中川久清正室
堀尾忠晴
憲之石川総良正室、九鬼隆常正室
テンプレートを表示

略歴編集

石川忠総の長男として誕生。母は堀尾吉晴の娘。正室は堀尾忠晴の娘。

慶長14年(1609年)、父・忠総が石川家を相続したため、廉勝も石川家嫡子となる。寛永9年(1632年)叙任するが、家督相続前の慶安3年(1650年)没した。

代わって長男・憲之が嫡子となり忠総の後を継いだ。