メインメニューを開く

石川 総良(いしかわ ふさよし)は、伊勢神戸藩の第2代藩主。伊勢亀山藩石川家支藩2代。

 
石川 総良
時代 江戸時代前期
生誕 寛永19年(1642年
死没 貞享2年6月29日1685年7月30日
改名 伝太郎(幼名)、総良
別名 内膳(通称)
戒名 本性院日顕
墓所 東京都北区田端の大久寺
官位 従五位下、若狭
幕府 江戸幕府
伊勢国神戸藩
氏族 石川氏
父母 父:石川総長、母:加々爪忠澄の娘
兄弟 総良加々爪直清、女子
正室:石川廉勝の娘、側室:本多忠義の娘
総茂大久保忠明(次男)、娘(近藤徳用正室)
テンプレートを表示

寛永19年(1642年)、初代藩主石川総長の長男として生まれる。寛文元年(1661年)、父の死により家督を相続した。

延宝8年(1680年)閏7月、大阪府千早赤阪村の「楠木正儀の墓」とされる五輪塔の前に石燈を寄進した。ただし、総良の時代に正儀の墓という伝承があったかは不明。詳細は楠木正儀#墓所・史跡など

天和元年(1681年)12月、駿河田中藩主酒井忠能改易では、仙石政明本多忠恒らと共に田中城受け取りを担当した。

貞享2年(1685年)6月29日に死去した。享年44。跡を長男の総茂が継いだ。