メインメニューを開く

九鬼 隆常(くき たかつね、正保3年(1646年) - 元禄11年4月1日1698年5月10日))は、丹波綾部藩の第2代藩主。

初代藩主・九鬼隆季の長男。正室は石川廉勝の娘。継室は保科正景の娘、牧野富成の養女(建部政明の娘)。子は九鬼隆幸(長男)、娘(朽木長綱正室)。官位は従五位下、大隅守。

延宝2年(1674年)11月16日、父の隠居により跡を継ぐ。しかしその年に水害が起こったのをはじめ、延宝8年(1680年)にも大洪水と2度の大火が起こるなど、天災のために治世は多難を極めた。元禄11年(1698年)4月1日、参勤交代途上の三河池鯉鮒(現愛知県知立市)にて死去した。享年53。跡を養嗣子の隆直が継いだ。法号は仁岳了賢乾徳院。