メインメニューを開く

石川県道165号金平寺井線

日本の石川県の道路

石川県道165号金平寺井線(いしかわけんどう165ごう かなひらてらいせん)は、石川県小松市能美市とを結ぶ一般県道石川県道)である。

一般県道石川県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
石川県道165号標識
石川県道165号
金平寺井線
路線延長 10,073km
制定年 1960年昭和35年)
起点 金野町交差点
石川県小松市金平町)
主な
経由都市
小松市、能美市
終点 寺井南交差点
(能美市小長野町)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0416.svg国道416号
Japanese National Route Sign 0360.svg国道360号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

路線概要編集

起点は、小松市東部の松東中学校近く。梯川に沿って北上する。同市大野町地内で、東に折れて石川県道111号大野八幡線と分岐後、再び梯川にそって北から北東方向へ進む。同市中海町で突き当たり、北に折れて中海大橋で梯川を渡り、国道360号に突き当たる。国道と重複して西へ100mほど進み、軽海交差点で国道と分かれ、概ね北上する。同市埴田町を経て、石川県道22号金沢小松線・加賀産業道路と交差し、同市河田町を経て、石川県道54号寺畠小松線と交差した後、能美市に入る。能美市佐野町地内の佐野バス停付近で西に折れ、その後同市牛島町の牛島バス停付近で北に折れる。北から西へとコースを変え、終点の寺井南交差点に至る。終点付近は、能美市役所寺井庁舎、寺井小学校などがあり、能美市寺井地区の中心地。

小松市内は、軽海町、埴田町地内を除き、両側2車線(片側1車線)の歩道付きの道路に整備されている。能美市佐野町の集落内は、非常に道幅が狭いうえに見通しの悪いカーブがある。

歴史編集

通過する自治体編集

接続道路編集

重複区間編集

  • 国道360号(小松市軽海町地内・軽海町JA前 - 軽海交差点)
  • 石川県道55号小松辰口線(小松市軽海町 - 同市埴田町)

参考文献編集

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年

関連項目編集