メインメニューを開く

石毛 慎也(いしげ しんや、1979年10月5日 - )は、日本男性キックボクサー東京都出身。初代NKBウェルター級王者。LAILAPS東京北星ジム会長。

石毛 慎也
基本情報
本名 石毛 慎也(いしげ しんや)
階級 ウェルター級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1979-10-05) 1979年10月5日(39歳)
出身地 東京都
身長 176cm
体重 66kg
スタイル サウスポー
テンプレートを表示

鍼灸マッサージの学校に入学し、国家資格を取得。現在も鍼灸マッサージ師として、リハビリを中心に活躍している。

打倒ムエタイを掲げ、多くの強豪タイ人との試合をこなしている。得意技はヒジですべての技をこなす業師でもある。

目次

来歴編集

幼少期より糸東流空手を学んでいた。高校時代に総合格闘技を学ぶべく綾瀬の東京北星ジムに入門(当時、東京北星ジムはキックボクシングのジムでありながら総合格闘技と記載していた)。

1998年2月20日、ニュージャパンキックボクシング連盟でプロデビュー。

2001年10月13日に開始されたNKB統一ランキングトーナメント・ウェルター級に出場。1、2回戦を勝ち抜くと、準決勝の対戦相手になるはずであった松浦信次が引退し不戦勝扱いで決勝進出[1]2002年6月29日の決勝およびNKBウェルター級王座決定戦では勤務先の鍼灸院の院長でもあった小野瀬邦英と対戦し、TKO勝ちで初代NKBウェルター級王座を獲得した[2]

2003年5月16日、NKBウェルター級王座防衛戦で木浪シャーク利幸と対戦し、TKO勝ちで初防衛に成功した。

2003年9月21日、ニュージャパンキックボクシング連盟でフィクリ・ティアルティと対戦し、2Rに2度のダウンを喫した後、3Rに跳び膝蹴りでKO負け[3]。11月9日に2度目のNKBウェルター級王座防衛戦で瀬尾尚弘と対戦予定であったが、ティアルティ戦のダメージにより防衛戦をキャンセルし、王座を返上した[4]

2004年5月2日、王者となった木浪シャーク利幸と再戦し、判定ドローで王座獲得ならず[5]

2009年6月21日、M-1スーパーウェルター級王者クンタップ・ウィラサクレックに挑戦し、判定ドローで王座獲得ならず[6]

2010年5月6日、東京都中央区勝どきに自らが会長を務めるLAILAPS東京北星ジムをオープンした[7]

2010年5月6日、WPMF暫定日本ランキングスーパーウェルター級4位にランキング入り[8]

戦績編集

キックボクシング 戦績
35 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
14 8 6 0 4 0
17 8 8 1
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 梁軼超(高超) 5R終了 判定0-3 力保健搏擊之夜 Libogen Fight Night (PART-15) -風林火山5 9.18 港日大戦-
Wanchai Southorn Stadium, Hong Kong
2010年9月18日
クンタップ・ウィラサクレック 5R終了 判定0-1 M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ 2009 Yod Nak Suu vol.2
【M-1スーパーウェルター級タイトルマッチ】
2009年6月21日
× ケム・フェアテックス 3R 1:16 TKO(ドクターストップ:左瞼カット) ムエローク Japan 2009 〜最大最強のムエタイ祭り〜 2009年1月18日
× ガンスワン・BeWell 5R終了 判定0-3 ニュージャパンキックボクシング連盟
「START OF NEW LEGEND XI 〜新しい伝説の始まり〜」
2008年9月27日
× ツグト"忍"アマラ 4R終了時 TKO(ドクターストップ:カット) M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ Legend of Elbows 2008 〜MIND〜 2008年6月8日
× レイ・スターリン 5R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟「70's 全日本キック中量級最強決定トーナメント 〜開幕戦〜」
【70'sトーナメント 1回戦】
2007年11月18日
濱崎一輝 3R 0:18 TKO(ドクターストップ:上唇カット) 全日本キックボクシング連盟「Road to 70's」 2007年9月29日
× センチャイ・ソー・キングスター 5R終了 判定0-3 ニュージャパンキックボクシング連盟
「FIGHTING EVOLUTION VIII 〜進化する戦い〜 COUNTER THE ASIAN ATTACK」
2007年7月1日
パルハットレック 5R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「ADVANCE II 〜前進〜」 2006年3月5日
コムンレック・トー・シーラチャイ 5R終了 判定2-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「INFINITE CHALLENGE X 〜無限の挑戦〜」 2005年11月20日
× タイガーウッド 5R終了 判定 タイ 2005年8月12日
デットチュポン・ソー・ギェンシリパット 3R 0:29 KO(右ローキック) ニュージャパンキックボクシング連盟「INFINITE CHALLENGE IV 〜無限の挑戦〜」 2005年5月3日
× シィンヨック・ソーシラパン 5R終了 判定 タイ 2004年12月5日
× サガーオトーン・ペットノンヌット 5R終了 判定0-2 ニュージャパンキックボクシング連盟「X-DUEL VII 〜終わりなき決戦〜」 2004年9月19日
木浪シャーク利幸 5R終了 判定1-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「X-DUEL IV 〜終わりなき決戦〜」
【NKBウェルター級タイトルマッチ】
2004年5月2日
× フェッサヤーム・サッカウィン 4R KO タイ 2004年3月22日
× サッダム・ギャットヨンユット 4R KO タイ 2003年12月5日
× フィクリ・ティアルティ 3R 0:21 KO(跳び膝蹴り) ニュージャパンキックボクシング連盟「VORTEX VIII 〜旋風〜」 2003年9月21日
木浪シャーク利幸 2R 0:23 TKO(レフェリーストップ:カット) ニュージャパンキックボクシング連盟「VORTEX III 〜旋風〜」
【NKBウェルター級タイトルマッチ】
2003年5月16日
× ヨーデチャー・シットヨートン 1R 2:32 KO(右ハイキック) ニュージャパンキックボクシング連盟「VORTEX I 〜旋風〜」 2003年1月19日
× ヨーガッタンユー・オーウィジッパン 1R 2:12 TKO(ドクターストップ:額カット) ニュージャパンキックボクシング連盟「DREAM RUSH 8」 2002年11月3日
小野瀬邦英 4R 0:49 TKO(ドクターストップ:カット) 日本キックボクシング連盟「2002 破壊シリーズ」
【NKBウェルター級王座決定戦】
2002年6月29日
シンマナサック・ローシーラー 5R TKO 不明 2002年4月19日
広川靖之 5R終了 判定3-0 日本キックボクシング連盟「2001 激動シリーズ」
【NKB統一ランキングトーナメント ウェルター級 2回戦】
2001年12月2日
瀬尾尚弘 5R終了 判定2-0 日本キックボクシング連盟「2001 激動シリーズ」
【NKB統一ランキングトーナメント ウェルター級 1回戦】
2001年10月13日
× 小次郎 4R 1:39 TKO(カット) ニュージャパンキックボクシング連盟「CHALLENGE TO MUAYTHAI 7」 2001年6月24日
松本竜大 5R終了 判定0-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「MILLENNIUM WARS 8」 2000年9月24日
金炳助 5R終了 判定 タイBBTVスタジアム 2000年8月29日
狩野卓 5R終了 判定 ニュージャパンキックボクシング連盟「MILLENNIUM WARS 3」 2000年5月7日
× 笛吹丈太郎 5R終了 判定0-3 ニュージャパンキックボクシング連盟 1999年8月29日
松本竜大 3R 判定 ニュージャパンキックボクシング連盟 1999年6月4日
阿倍攻気 2R 2:54 KO ニュージャパンキックボクシング連盟 1999年1月24日
イタリヤ超輔 1R 2:02 KO ニュージャパンキックボクシング連盟 1998年10月9日
小野雅章 3R 1:31 KO ニュージャパンキックボクシング連盟「INNOVATION 6」 1998年7月21日
× 武藤正浩 3R終了 判定 ニュージャパンキックボクシング連盟 1998年2月20日

獲得タイトル編集

  • プロ
    • 初代NKBウェルター級王座(防衛1回)

受賞歴編集

  • 1998年度NJKF新人賞

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集