メインメニューを開く

アマラ忍(あまら しのぶ、男性、1979年11月20日 - )は、モンゴルキックボクサー。本名はツグト・アマラバヤサガラン(Цогтын Амарбаясгалан)ダルハン・オール県ダルハン市出身。チーム忍所属。城西国際大学卒。元WPMF世界スーパーライト級王者。

アマラ忍
基本情報
本名 ツグト・アマラバヤサガラン
通称 モンゴリアンハリケーン
階級 ミドル級K-1
国籍 モンゴルの旗 モンゴル
誕生日 (1979-11-20) 1979年11月20日(39歳)
出身地 ダルハン・オール県ダルハン市
身長 171cm
体重 68.2kg
スタイル キックボクシング
空手
テンプレートを表示

リングネームをたびたび変更している。千葉忍花戸忍白鳥忍アマラ忍と変更し、K-1では、"SHINOBU"ツグト・アマラツグト"忍"アマラと表記されている。

来歴編集

  • 1994年頃、極真空手の先生が来た際、友人が皆入門したので入門。
  • 1997年、極真空手の国内大会のクラス別で優勝。
  • 1998年、モンゴル空手で優勝。
  • 2001年4月、来日。
  • 2001年5月4日、マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟主催北沢大会で千葉忍というリングネームでプロデビュー。東金ジム所属。1R1分30秒でKO勝ち。
  • リングネームを花戸忍に改名。
  • 2002年3月30日、KING COMBAT 2002 60kgトーナメントに出場し優勝。
  • 2002年4月28日、後楽園大会でファイティング前沢にKO勝ちを果たし、デビューから1年を待たずにマーシャルアーツ日本キックボクシング連盟スーパーフェザー級王者になる。その後、所属していた東金ジムから高橋道場に移籍。同時に全日本キックボクシング連盟に入団。
  • 2002年6月16日、全日本キックのデビュー戦(兼全日本ライト級ランキング戦)で砂田将祈と戦う。
その後も連勝を続けるが、2003年5月23日のライト級最強決定トーナメントの決勝で、バッティングによるTKO負けを喫した。さらに、同年9月27日のゴーンピポップとの対戦で額陥没骨折し、長期欠場を余儀なくされる。
  • リングネームを白鳥忍に改名。
  • 2004年4月13日、山本真弘と復帰戦を行い、判定勝ち。
  • 2004年6月18日のライト級最強決定トーナメントで優勝。
  • 2005年1月4日、サトルヴァシコバと対戦し、判定勝ち。全日本キックライト級王者となった。
  • 2006年1月9日、喜入衆と対戦し、TKO勝ち。12連勝を飾る。
  • 2006年1月14日、リングネームをアマラ忍に改名した。
  • 2006年4月5日、K-1 WORLD MAX 2006 世界一決定トーナメント開幕戦に「"SHINOBU" ツグト・アマラ」というリングネームで出場し、アンディ・サワーと対戦。判定で敗れはしたが、王者相手に一歩も引くこともなく戦った。
  • 2007年2月5日、K-1 WORLD MAX 日本代表決定トーナメントでブアカーオ・ポー.プラムックと対戦し、判定負け。
  • 2007年4月4日、K-1 WORLD MAX 世界最終選抜でジャダンバ・ナラントンガラグと対戦し、判定勝ち。これがK-1初勝利となった。
  • 2007年6月28日、K-1 WORLD MAX 世界一決定トーナメント開幕戦で小比類巻貴之と対戦し、判定負け。
  • 2007年9月19日、母国モンゴルで格闘技イベント「IMPERIAL 〜帝国〜」を主催した。
  • 2008年2月29日、J-NETWORK「Let's Kick with J 1st」で小宮由紀博と対戦し、判定負け。
  • 2008年5月23日、母国モンゴルで格闘技イベント「IMPERIAL」第2回興行を主催し、
  • 2009年1月4日、母国モンゴルで格闘技イベント「IMPERIAL」第2回興行を主催し、自身はカンパに サンタにと対戦し、判定勝ち。WPMF世界スーパーライト級王者となった。

戦績編集

キックボクシング 戦績
43 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
33 11 0 0
10
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× トンラート 判定 World Kings Of Muay-Thai Contend for Hegemony - LETS FIGHT II 2009年12月3日
菅原勇介 3R終了 判定2-0 R.I.S.E. 53 2009年3月29日
× アタチャイ・フェアテックス 5R終了 判定0-3 ムエローク Japan 2009 〜最大最強のムエタイ祭り〜 2009年1月18日
カンパム・サントーイーズー 判定3-0 IMPERIAL 〜帝国〜
【WPMF世界スーパーライト級タイトルマッチ】
2008年12月9日
石毛慎也 4R終了時 TKO(ドクターストップ:カット) M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ
「Legend of elbows 2008 〜MIND〜」
2008年6月8日
× 小宮由紀博 3R終了 判定0-2 J-NETWORK「Let's Kick with J 1st」 2008年2月29日
× 小比類巻貴之 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2007 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜 2007年6月28日
ジャダンバ・ナラントンガラグ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2007 〜世界最終選抜〜 2007年4月4日
× ブアカーオ・ポー.プラムック 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2007 〜日本代表決定トーナメント〜 2007年2月5日
× アタポン・フェアテックス 5R終了 判定 スッグペッティンディー(ルンピニー・スタジアム) 2006年12月22日
× ジョーダン・タイ 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2006 〜世界王者対抗戦〜 2006年9月4日
× 菊池浩一 5R終了 判定0-2 SHOOT BOXING 2006 NEO ΟΡΘΡΟΖ Series 4th 2006年7月7日
× アンディ・サワー 延長R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2006 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜 2006年4月5日
喜入衆 5R 1:19 TKO(ドクターストップ、鼻柱カット) J-NETWORK「GO! GO! J-NET '06 〜Light my fire!〜」 2006年1月9日
キム・ヨンサン 3R 1:19 KO(パンチ連打) 全日本キックボクシング連盟
「Rock'n Roll☆U5 FIGHT☆Hill it!」
2005年11月5日
ホン・ヒョーシク 3R終了 判定3-0 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「DETERMINATION≪決心≫7 KICK GUTS 2005」
2005年8月14日
西山誠人 5R終了 判定3-0 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「DETERMINATION≪決心≫5 〜戦場の虎〜」
2005年6月24日
湟川満正 再延長R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「NEVER GIVE UP」 2005年4月17日
サトルヴァシコバ 5R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「SURVIVOR」
【全日本ライト級王座決定戦】
2005年1月4日
凱斗亮羽 3R 1:55 KO(3ノックダウン:膝蹴り) 全日本キックボクシング連盟「The Championship」 2004年11月19日
マリオス・カラリス 3R 0:13 KO(右ハイキック) 全日本キックボクシング連盟「DANGER ZONE」 2004年9月23日
サムゴー・ギャットモンテープ 再延長R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟
「〜全日本ライト級最強決定トーナメント2004/FINAL STAGE〜」
【決勝】
2004年6月18日
吉本光志 5R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟
「〜全日本ライト級最強決定トーナメント2004/FINAL STAGE〜」
【準決勝】
2004年6月18日
南雲裕一 3R終了 判定3-0 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「東金ジム26th anniversary SUPREME-3 〜戦場の虎〜」
2004年5月9日
山本真弘 3R終了 判定2-0 全日本キックボクシング連盟
「全日本ライト級最強決定トーナメント2004/2nd STAGE」
【2回戦】
2004年4月16日
× ゴーンピポップ・ペッティンディー 5R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟「KNOCK DOWN」 2003年9月27日
× 大月晴明 2R 0:37 TKO(ドクターストップ、左瞼カット) 全日本キックボクシング連盟
「全日本ライト級最強決定トーナメント 〜決勝戦〜」
【決勝】
2003年5月23日
小林聡 3R終了 判定2-0 全日本キックボクシング連盟
「全日本ライト級最強決定トーナメント 〜決勝戦〜」
【準決勝】
2003年5月23日
山本優弥 延長R終了 判定2-0 全日本キックボクシング連盟
「全日本ライト級最強決定トーナメント」
【1回戦】
2003年3月8日
大宮司進 2R 2:34 KO(3ノックダウン:左ハイキック) 全日本キックボクシング連盟「BACK FROM HELL-II」 2002年12月8日
蔵満誠 5R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「GOLDEN TRIGGER」 2002年9月6日
砂田将祈 5R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「Who's Next 02」 2002年6月16日
ファイティング前沢 5R 2:07 KO(ボディフック) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「最強を求めて!「出陣・決戦」」
【MA日本スーパーフェザー級タイトルマッチ】
2002年4月28日
ラビット関 3R終了 判定3-0 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「KING COMBAT-2002 - KICK BOXING 60kg TOURNAMENT 日本最強決定戦」
【決勝】
2002年3月30日
梅下湧暉 3R 0:38 KO(ミドルキック連打) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「KING COMBAT-2002 - KICK BOXING 60kg TOURNAMENT 日本最強決定戦」
【準決勝】
2002年3月30日
大宮司進 3R終了 判定3-0 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「KING COMBAT-2002 - KICK BOXING 60kg TOURNAMENT 日本最強決定戦」
【1回戦】
2002年3月30日
カズ工藤 5R終了 判定3-0 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟(士道館)
「新春正月興行」
2002年1月18日
天野哲成 5R終了 判定3-0 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「ADVANCE-1」
2001年11月3日
きんぞ〜 4R終了 判定3-0 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「ODYSSEY-4」
2001年9月29日
室崎剛将 4R終了 判定3-0 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「キック ガッツ 2001」
2001年7月13日
北野裕治 2R 1:58 KO ドリームプロデュース 真昼の決闘 2001年6月24日
高久雅裕 1R 1:17 KO マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「最強を求めて!世界制覇」
2001年5月20日
池谷二郎 1R 1:30 KO マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟 2001年5月4日


獲得タイトル編集

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
ファイティング前沢
第4代MA日本スーパーフェザー級王者

2002年4月28日 - 不明(返上)

空位
次タイトル獲得者
山田健博
空位
前タイトル保持者
大月晴明
第15代全日本ライト級王者

2005年1月4日 - 2005年10月

空位
次タイトル獲得者
サトルヴァシコバ