メインメニューを開く

石田 尚豊(いしだ ひさとよ、1922年8月9日 - )は、日本の美術史学者。

東京府出身。東京大学文学部国史学科卒。1952年東京国立博物館に入り、文化財調査官、資料課長。1978年「曼荼羅の研究」で東大文学博士日本学士院賞受賞。1981年青山学院大学教授、1991年聖徳大学教授。日本仏教美術史専攻[1]

著書編集

監修・編著編集

論文編集

脚注編集