メインメニューを開く

石田川ダム(いしだがわダム)は、滋賀県高島市一級河川淀川水系石田川に建設されたダム。高さ43.5メートルの重力式コンクリートダムで、洪水調節不特定利水を目的とする、滋賀県営治水ダムである。

石田川ダム
石田川ダム
左岸所在地 滋賀県高島市今津町角川
位置
河川 淀川水系石田川
ダム諸元
ダム型式 中央土質遮水壁型
ロックフィルダム
堤高 43.5 m
堤頂長 140.1 m
堤体積 268,000
流域面積 23.4 km²
湛水面積 16 ha
総貯水容量 2,710,000 m³
有効貯水容量 2,310,000 m³
利用目的 洪水調節不特定利水
事業主体 滋賀県
施工業者 熊谷組
着手年/竣工年 1962年/1969年
出典 [1]
テンプレートを表示

洪水調節と不特定かんがい用水の補給のため、滋賀県営ダム事業としては余呉湖のダム化、日野川ダムに続いて完成した[2]

ダム周辺には遊歩道展望台が整備され、上流にはため池百選淡海湖や、カキツバタの群生する平池があり、高島トレイル三重嶽武奈ヶ嶽の周遊コースの起点となっている[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ダム型式については「石田川ダム(いしだがわだむ)/滋賀県#標準断面図」(2011年4月6日更新、2011年8月2日閲覧)、その他は「ダム便覧」(2011年8月2日閲覧)による。画像は国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1975年度撮影)
  2. ^ 滋賀県土木交通部での最初のダム事業」(2011年4月6日更新、2011年8月2日閲覧)より。
  3. ^ 石田川ダム(いしだがわだむ)/滋賀県」(2011年4月6日更新、2011年8月2日閲覧)より。

関連項目編集

外部リンク編集