夔州

唐代から元初にかけて、中国に存在した州

夔州(きしゅう)は、中国にかつて存在した唐代から初にかけて、現在の重慶市北東部に設置された。

概要編集

618年武徳元年)、唐により巴東郡は信州と改められた。619年(武徳2年)、信州は夔州と改称された。742年天宝元年)、夔州は雲安郡と改称された。758年乾元元年)、雲安郡は夔州の称にもどされた。夔州は山南東道に属し、奉節雲安巫山大昌の4県を管轄した[1]

のとき、夔州は夔州路に属し、奉節・巫山の2県を管轄した[2]

1278年至元15年)、により夔州は夔州路総管府と改められた。夔州路は四川等処行中書省に属し、奉節・巫山の2県と大寧州雲陽州万州開州梁山州達州施州の7州を管轄した[3]

1371年洪武4年)、により夔州路は夔州府と改められた。夔州府は四川省に属し、直属の奉節・巫山・大昌・大寧雲陽梁山新寧建始の10県と達州に属する東郷太平の2県、合わせて1州12県を管轄した[4]

のとき、夔州府は四川省に属し、奉節・巫山・大寧・雲陽・万・開の6県を管轄した[5]

1913年中華民国により夔州府は廃止された。

脚注編集

  1. ^ 旧唐書』地理志二
  2. ^ 宋史』地理志五
  3. ^ 元史』地理志三
  4. ^ 明史』地理志四
  5. ^ 清史稿』地理志十六