メインメニューを開く

無準師範(ぶじゅん しはん、淳熙4年(1177年) - 淳祐9年(1249年))は、中国南宋臨済宗。俗姓は雍。法諱は師範。号は無準。綿州梓潼県の出身。宋代禅林中の巨匠で理宗から仏鑑禅師を諡された。

無準師範
1177年 - 1249年
Chinesischer Maler von 1238 001.jpg
無準師範像
諡号 仏鑑禅師
生地 綿州梓潼県
宗派 臨済宗楊岐派
寺院 径山寺
破庵祖先
弟子 円爾兀庵普寧西巌了恵別山祖智断橋妙倫雪巌祖欽無学祖元牧谿
著作 仏鑑禅師語録

目次

業績編集

破庵祖先法嗣、門下に兀庵普寧西巌了恵別山祖智断橋妙倫(以上、四哲と称す)・雪巌祖欽無学祖元などがおり、日本僧では円爾がいる。中国五山の第一たる径山万寿寺の第34世に住し、円爾をはじめとして日本から無準に参じた僧は多い。日本禅林との関係は最も深く、最も強い影響を与えている。

無準は書法に長じ、多くの墨跡の名品を日本に伝えており、その書は張即之風で雄渾な大字で知られる。また『与円爾尺牘』の細字には別趣の味わいがあり、いずれも極めて格調が高い。無準は張即之と交渉をもったため、その弟子たちは好んで張即之の書を学んだ。

また無準は絵画にも非常に優れていたらしく、その弟子の牧谿は禅林が生んだ最大の画家で、その作品は日本にもたらされている。無準の著として『仏鑑禅師語録』が知られる[1][2][3][4][5][6][7][8]

墨跡編集

与円爾尺牘
『与円爾尺牘』(えんににあたう せきとく)は、無準が円爾に書いた謝礼の尺牘。円爾が帰朝した翌年の淳祐2年/仁治3年(1242年)の夏、径山の寺塔が火事になり、円爾はその復興のために博多から板1,000枚を径山に送った。それに対する無準の謝礼が本状である。そのため俗に板渡しの墨跡と呼ばれ珍重されている。東京国立博物館蔵。国宝(指定名称は無準師範墨蹟(尺牘)[7]
与円爾印可状
『与円爾印可状』(えんににあたう いんかじょう)は、嘉熙元年(1237年)10月、無準が円爾に書き与えた印可状。「道無南北」の文からはじまるこの墨跡は、円爾が径山に上った翌年に与えられた。絹本、53.9cm×102.7cm。東福寺蔵。国宝(指定名称は無準師範墨蹟(円爾印可状 丁酉歳十月)[4]

脚注編集

  1. ^ 鈴木洋保 pp..110-113
  2. ^ 伊吹敦 pp..113-116
  3. ^ 伊吹敦 p.127
  4. ^ a b 福嶋俊翁 pp..163-166
  5. ^ 木村卜堂 pp..178-179
  6. ^ 二玄社(書道辞典) p.226
  7. ^ a b 堀江知彦 p.654
  8. ^ 中西慶爾 p.855

出典・参考文献編集

関連項目編集