メインメニューを開く

礫川 全次(こいしかわ ぜんじ、1949年(昭和24年)- )は日本のノンフィクションライター、在野史家、歴史民俗学研究会代表。地図の思想史研究会世間話研究会会員[2]

礫川 全次
(こいしかわ ぜんじ)
誕生 1949年
東京都[1]
職業 ノンフィクションライター[1]
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京教育大学文学部卒業。[1]
ジャンル ノンフィクション
主題 民俗学サンカ犯罪史いじめ女装
代表作 単著:
サンカと説教強盗』(1992年)
戦後ニッポン犯罪史』(1995年)
大津事件と明治天皇』(1998年)
共著:
犯罪の民俗学』(1993年)
女装の民俗学』(1994年)[1]
公式サイト blog.goo.ne.jp/514303
テンプレートを表示

東京教育大学文学部卒業。民俗学の見地からサンカ犯罪史いじめ女装などに関する著作を出版している。尾佐竹猛菊池山哉金城朝永小泉輝三朗村岡素一郎等の書籍の復刻もおこなっている。

目次

略歴編集

  • 1949年、東京都に生まれる。
  • 1972年、東京教育大学文学部卒業[3]
  • 歴史民俗学研究会代表。

著作編集

ほとんどの著作は批評社から出版されたものである。

単著編集

共著編集

編著編集

解説・解題・校訂編集

現代語訳編集

記事編集

ほとんどの記事は雑誌『歴史民俗学』に掲載されたものである。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 礫川 全次|著者紹介
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より

関連文献編集

  • 尾佐竹猛『明治秘史 疑獄難獄』一元社、1929年。NDLJP:1269522
  • 尾佐竹猛『法窓秘聞』育生社、1937年。NDLJP:1268409
  • 菊池山哉『先住民族と賤民族の研究』温故書屋、1927年。NDLJP:1465659
  • 菊池山哉『蝦夷とアイヌ 蝦夷とアイヌ編年史』東京史談会、1947-1952。
  • 金城朝永『異態習俗考』六文館、1933年1月1日。NDLJP:1442135
  • 小泉輝三朗『明治犯罪史正談』大学書房、1956年。NDLJP:3036004
  • 小泉輝三朗『大正犯罪史正談』大学書房、1955年。NDLJP:3001216
  • 小泉輝三朗『昭和犯罪史正談』大学書房、1956年。NDLJP:3001215
  • 無用学博士『法曹珍話 閻魔帳』春陽堂、1926年6月。NDLJP:981772
  • 村岡素一郎『史疑 徳川家康事跡』民友社、1902年4月18日。NDLJP:992561

関連項目編集

外部リンク編集