神岡駅(しんこうえき)はかつて台湾台中県神岡郷(現・台中市神岡区)に存在した台湾鉄路管理局神岡線廃駅。潭子方で清泉崗基地への側線が分岐していた[1](p101)。 2004年以降は潭雅神自転車道中国語版に組み込まれて当時のホームが再現されている[2](p1205)。駅構内は公園として生まれ変わっている[1](p101)

神岡駅
Shenkang Station Ruins.JPG
跡地(2012年)
神岡
シェンガン
Shenkang[注釈 1]
社口信号場 (4.5 km)
(3.4 km) 清泉崗
所在地 台湾台中県神岡郷山皮村
(現・台中市神岡区山皮里)
北緯24度15分21.7秒 東経120度38分48.3秒 / 北緯24.256028度 東経120.646750度 / 24.256028; 120.646750
所属事業者 台湾鉄路管理局
種別 廃駅
所属路線 神岡線
キロ程 8.7 km(潭子起点)
電報略号 ㄕㄍ
駅構造 地上駅
開業年月日 1957年8月21日
廃止年月日 1992年6月30日
テンプレートを表示
神岡駅
各種表記
繁体字 神岡車站
簡体字 神冈车站
拼音 Shéngāng Chēzhàn
通用拼音 Shéngang Chējhàn
注音符号 ㄕㄣˊ ㄍㄤ ㄔㄜㄓㄢˋ
発音: シェンガン チャーヂャン
台湾語白話字 Sin-kóng Chhia-thâu
日本語漢音読み しんこうえき
英文 Shengang Station
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1957年
    • 3月5日 - 軌道敷設完了[2](p1204)
    • 8月21日 - 三等駅として開設[2](pp1204-1205)
    • 9月15日 - 貨物列車正式運行開始[2](p1205)
  • 1961年5月15日 - 簡易駅降格[2](p1205)
  • 1992年6月30日 - 駅廃止[2](p1205)。路線も潭子駅の構内側線扱いとなる「神岡及倉庫専用側線」へ格下げされた[1](p100)
  • 1999年7月1日 - 路線廃止、所有権が国防部に移転[2](pp1205)、所有権が国防部に移転[2](p1205)

運輸統計編集

1964年に供用された清泉崗基地ではベトナム戦争中は米軍と中華民国軍の共同使用となりB-52などの拠点となっていたため[2](pp1206-1207)、それに伴う物資輸送などが増加した。

運輸統計[注釈 2]
年間(単位:トン)
発送
1961 5,679 13,822 19,501
1966 30,310 46,171 76,481
1971 32,133 47,012 79,145

駅周辺編集

  • 圳前仁愛公園
  • 神岡山皮寶山宮
  • 清泉崗基地(台中空港

隣の駅編集

台湾鉄路管理局

脚注編集

註釈編集

  1. ^ 廃止当時の表記
  2. ^ 臺灣鐵路管理局各年年報[3](pp406-408)

出典編集

  1. ^ a b c (繁体字中国語)鄧志忠、 古庭維 (2010). 台灣舊鐵道散步地圖. 晨星出版. pp. 98-105. ISBN 9789861774015. https://books.google.com/books?id=KQSGDwAAQBAJ 
  2. ^ a b c d e f g h i (繁体字中国語)袁明道 (2009-09). 神岡鄉志 下冊 第十一篇 古踏篇 第三章 產業運輸 第一節 鐵道神岡支線. 臺中縣神岡鄉公所. pp. 1204-1208. ISBN 978-986-01-9421-0. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=006_104_000031 
  3. ^ (繁体字中国語) 臺中縣志卷四 經濟志 第二冊(水產篇、畜產篇、工業篇、交通篇). 臺中縣政府. (1989). pp. 頁411-429. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=006_104_000203 

関連項目編集