メインメニューを開く

神戸華僑歴史博物館(こうべかきょうれきしはくぶつかん)は兵庫県神戸市中央区海岸通南京町の南西に位置する日本で唯一の華僑博物館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 神戸華僑歴史博物館
Kobe Overseas Chinese History Museum
Kobe Overseas Chinese History Museum.JPG
神戸華僑歴史博物館の位置(神戸市内)
神戸華僑歴史博物館
神戸市内の位置
施設情報
専門分野 神戸市内の華僑の歴史
館長 藍璞
開館 1979年10月
所在地 650-0024
日本の旗 日本
兵庫県神戸市中央区海岸通3丁目1-1 KCCビル2F
位置 北緯34度41分9.51秒 東経135度11分13.82秒 / 北緯34.6859750度 東経135.1871722度 / 34.6859750; 135.1871722
アクセス JR西日本または阪神電鉄元町駅から南へ徒歩7分
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:GLAM

目次

概要編集

神戸華僑歴史博物館は初代館長の陳徳仁が中心となって1979年10月に神戸中華総商会ビル内に開設された。神戸華僑歴史博物館神戸在住の華僑によって運営されており、展示も中華人民共和国中華民国双方ともの主義主張に偏らず中庸であり、神戸華僑来日の経緯やコミュニティーの発展の様子などが資料とパネル・写真によって展示されている。同館には、神戸とも関わりの深い孫文戊戌政変で日本に亡命した梁啓超直筆の扁額や書も展示されており、貴重な文物が多い。 陳徳仁死去後、同館は管理者不在の状態が続き、2002年より神戸華僑歴史博物館は一年半ほど休館していたが、2003年4月に展示内容を更新しリニューアルオープン。英語名をThe Kobe Overseas Chinese History Museumと定めた。

神戸華僑歴史博物館では年に2回、博物館会員に向けて館の動向や華僑・移民研究者の報告を掲載して博物館通信を発行したり、学術面では日本の華僑研究の拠点として様々なシンポジウムや研究会,講演活動を行っている。また年に数回は特別展を開催し、旧正月が近付くと隣接する南京町と共同で南京町で行われる春節祭の変遷や神戸華僑の行事の紹介を行っている。

関連人物編集

関連団体編集

外部リンク編集