聖性英語:holiness)はイエス・キリストと似た者となること[1]聖人となることであり、キリスト者の最終目標とされる。聖人になるとは、考え、思い、言葉、行いなど、すべてにおいてキリストに似ることである。その聖性は、愛徳に最もよく表われ、すべてに勝って神を愛し、自分のように隣人を愛する。そして、愛徳は謙遜、正義、勤勉、純潔、従順、喜び・・・など、すべての徳に影響する。聖性はすべてのキリスト者が目指すべき目標で、神の助けを頼りに一生かけて戦った後に天国で完成される。[1]

教皇フランシスコによれば:

聖性とは神に心を開き、神の愛によって変容されるにお任せすることです。また、聖性とは、自己から抜け出し、イエスがわたしたちをお待ちになっている他の人々に出会うために出かけ、その人々に励ましの言葉、助けの手、優しさと慰めのまなざしを届けることです。[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b キリストのような人格」『』。2018年4月10日閲覧。
  2. ^ グアダルーペについての教皇フランシスコの手紙” (日本語). opusdei.org. 2019年5月28日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集