メインメニューを開く
神野勝之助

神野 勝之助(かみの かつのすけ、1868年4月29日慶応4年4月7日)– 1928年昭和3年)10月5日)は、日本の大蔵官僚政治家大蔵次官貴族院議員

目次

経歴編集

武蔵国出身。神野金平の四男として生まれる。東京府尋常中学校第一高等学校を経て、1896年7月、帝国大学法科大学政治学科を卒業。大蔵属となるが農商務属に転じた。1897年11月、文官高等試験行政科試験に合格。

1898年6月、農商務省森林監督官に就任。以後、同省参事官内閣試補などを歴任。1898年11月、大蔵書記官主計局司計課長に就任。以後、主計局予算決算課、理財局国庫課長兼造幣支局長、兼大蔵省参事官、兼大蔵大臣秘書官、英国大使館付、印刷局長、兼大蔵書記官、大蔵省理財局長などを務めた。

1918年10月、大蔵次官に就任し、1922年6月まで在任し退官。同年同月6日、貴族院勅選議員に任じられ[1]研究会に属し死去するまで在任。その他、臨時財政経済調査会委員、教育評議会委員などを務めた。

栄典・授章・授賞編集

親族編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2953号、大正11年6月7日。
  2. ^ 『官報』第2974号「叙任及辞令」1922年7月1日。
  3. ^ 『官報』第1218号「叙任及辞令」1916年8月21日。
  4. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  5. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。