福井青春物語

福井青春物語』(ふくいせいしゅんものがたり、英題: For Every Fukui Revolution)は、森川陽一郎監督による日本映画2005年5月1日映画祭公開、同年10月22日ロードショー公開。2007年11月14日に著作権フリー宣言された。

福井青春物語
監督 森川陽一郎
脚本 森川陽一郎
出演者 津田寛治
山本浩司
音楽 ROYAL FISHほか
主題歌 川上テルヒサ『言の葉』
撮影 森川陽一郎
編集 森川陽一郎
製作会社 FREDERIC-HANDS
配給 FREDERIC-HANDS
公開 日本の旗 2005年10月22日(UPLINK X
上映時間 53分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語福井弁
製作費 30万円(予算8万円)
興行収入 推定150~200万円
前作 小さな青春の浜
テンプレートを表示

目次

概要編集

福井へのこだわり編集

  • ご当地映画。全キャスト、全スタッフ、全ロケ地が福井県内という福井尽くしの青春映画。登場人物の全員がコテコテの福井弁を話す為、共通語字幕が付いている。
  • 福井を代表する食べ物のいくつかが登場するが、女子高生が水ようかんを食べながら町を歩いているシーンなど、明らかに大げさな表現もある。

低予算・ノンタイアップ編集

  • 短期間撮影で低予算製作のいわゆるB級映画。公式ウェブサイトによると、メインロケ撮影は3日に渡って行われたが、2005年1月5日18時頃から1月7日19時頃までの実質2日間[1]
  • 森川陽一郎監督は舞台挨拶などで「『製作予算』は8万円、最終的な『製作費』は30万円」と語っている。
    • 予算が8万円の理由は、ロケ直前の2005年元旦を迎えた時点での森川の財布の中身が8万円であった[2]ためで、タイアップや配給の無い、完全個人製作の自主映画だと言える。
  • 地方で自主制作された映画でありながら東京や名古屋などで劇場公開(2005年2006年)が行われた[3]
  • 森川自ら、渋谷の映画館に営業して回り[2]ロードショーが決まった。

ストーリー編集

福井に住む津田寛治は映画監督を夢見て、友人の小野寺昭憲、穴田行央と共に、自主製作映画を撮っていた。 ある日、津田に転機が訪れる。同じ福井出身で有名俳優の山本ヒロシが津田の映画に出演してくれることが決まったのだ。友人は皆協力的で、は音楽を、服屋オーナーの辻本は衣装を提供すると言ってくれている。しかし津田は、なかなか脚本が書けない。やがて福井で本当にいい映画が撮れるのかという疑問を抱き始める。

そんなとき、津田は祖父に怪しげな呪文をかけられ、タイムスリップする。──高校時代、人生の分岐点が訪れる。彼女だった和歌子は女優になるために上京したが、津田は悩んだ挙句、小野寺と穴田と共に福井に残って映画を続けることを決めていた。 タイムスリップによって人生の分岐点を目の当たりにした津田は、人生をやり直したいという願望から、和歌子と共に上京する道を選ぶ。 上京から数年が経ったが、津田の映画は成功していなかった。山本ヒロシを主演にした映画の企画書を持って山本の事務所を訪れたが、山本に会うことはできなかった。 その頃、福井に残っていた小野寺と穴田の映画に、山本が出演することが決まっていた。津田は福井に帰り、自分の企画を小野寺たちに提案するが、かつての親友たちとは確執が生まれていた。──ここで津田は目が覚めた。祖父に呪文をかけられた時に眠っていて、タイムスリップは夢の中の出来事だった。すぐに津田は脚本を書き始めた。 台詞を福井弁にして完成した脚本を見た山本ヒロシは驚いた。

ある日の夜、福井駅前。津田の映画の撮影現場に、山本の姿があり、多くのエキストラが集まっていた。有名俳優の演技に熱狂する人々。歓声はいつまでも続いた。

キャスト編集

スタッフ編集

音楽編集

  • ROYAL FISH & REBEL MESSENGERS - 「トランペット」「LET'S PAINT THE FUTURE」
  • The Stereo Garden - 「BABY IN CAR」「星に願いを」
  • アノヨロシ - 「NAKED HEART」「心のまま」
  • ネズミ警察 - 「死? (Dear.jim)」「ありふれた日常」
  • ROYAL FISH - 「トランペット」「存在」
エンディングテーマ
  • 川上テルヒサ&ネズミ警察 - 「言の葉」(作詞・作曲 川上テルヒサ)

キャッチコピー編集

  • 『なんやっちゃおぇー』(福井弁で「なんだよ、おい」の意)
  • 『言語:福井弁(標準語字幕付)』
  • 『邦画の明るい未来をよろこぼさぁ! - 津田寛治』
  • 『故郷を愛するすべての人にこの映画を捧げる - 森川陽一郎』

公開歴編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 制作公開歴 - 福井青春物語より。
  2. ^ 「『福井力』を探る 俳優・津田寛治さん 映画監督・森川陽一郎」朝日新聞福井版 2006年1月1日

外部リンク編集