メインメニューを開く

福家崇洋(ふけ たかひろ、1977年- )は、日本の学者、富山大学准教授

徳島県生まれ。2001年京都大学経済学部卒、同大学院人間・環境学研究科博士後期課程研究指導認定退学。2008年「戦間期日本社会運動試論」で博士(人間・環境学)。京都市市政編纂助手、京大大学文書館助教、2015年富山大学准教授。専攻・日本近代思想史[1]

著書編集

共編
  • 『満川亀太郎日記―大正八年‐昭和十一年』長谷川雄一,クリストファー・W.A.スピルマン共編 論創社 2010

論文編集

脚注編集

  1. ^ 富山大学、『戦間期日本の社会思想』『日本ファシズム論争』『満川亀太郎』著者紹介