メインメニューを開く

福島勝

福島 勝(ふくしま まさる、1938年9月15日 - )は、日本中央競馬会栗東トレーニングセンターの元調教師兵庫県出身(出生地は北海道)。父は福島角一(元調教師)、父方の従兄弟福島信晴(元調教師)、母方のおじに内田繁三(元調教師)がいる。

目次

来歴編集

1957年におじである京都内田繁三厩舎所属の騎手見習いとなり、1959年に騎手免許を取得、同厩舎よりデビュー。1961年に父の福島角一厩舎所属となる。1966年に騎手を引退し、同厩舎の調教助手へ転身する。騎手成績は中央通算298戦25勝であった。

1974年に調教師免許を取得し、1976年に開業。初出走は同年3月7日阪神競馬第3競走のヤサカマサルで2着、初勝利は4月25日京都競馬ヤサカマサルで、のべ4戦目であった。

1978年日本経済新春杯ジンクエイトで制し、重賞初勝利を挙げた(このレースはテンポイントが故障、競走中止したレースでもある。詳細は第25回日本経済新春杯を参照)。1997年に管理馬が地方競馬で初出走し、初勝利を挙げている。2000年にはランドパワー中山大障害を制し、管理馬がJ・GI初勝利を挙げた。

2008年定年まで1年を残し調教師を勇退することが2月14日に発表され、2月29日付で引退した。

おもな管理馬編集

おもな厩舎所属者編集

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

関連項目編集