メインメニューを開く

福島 信晴(ふくしま のぶはる、1947年5月3日 - )は、日本中央競馬会栗東トレーニングセンターに所属していた元調教師。おじに福島角一(元調教師)、父方の従兄弟福島勝(元調教師)がいる。

福島信晴
Nobuharu-Fukushima20110320.jpg
2011年阪神大賞典表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県
生年月日 (1947-05-03) 1947年5月3日(72歳)
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 京都・福島角一(1969 - 1976)
栗東・諏訪佐市(1976 - 1980)
栗東・鹿戸幸治(1980 - 引退)
初免許年 1969年3月1日
免許区分 平地
騎手引退日 1984年2月29日
通算勝利 1118戦62勝
調教師情報
初免許年 1988年(1989年開業)
調教師引退日 2018年2月28日
経歴
所属 JRA騎手(1969 - 1984)
福島勝/調教助手(1984 - 開業)
栗東T.C.(開業 - )
テンプレートを表示

来歴編集

1963年におじの京都福島角一厩舎所属の騎手候補となり、1969年に騎手免許を取得し、同厩舎より騎手デビュー。1976年に栗東諏訪佐市厩舎所属、1980年には栗東鹿戸幸治厩舎所属と渡り歩き、1984年に騎手引退。従兄弟である福島勝厩舎の調教助手へ転身する。騎手成績は中央通算1118戦62勝。

1988年に調教師免許を取得し、翌1989年に厩舎を開業。初出走は同年3月4日阪神競馬第6競走のハーバーウェイで12着、初勝利は同年3月25日阪神競馬第12競走でコシジダンサーで、のべ14戦目であった。1991年4月3日に管理馬が地方競馬で初出走し、同年5月12日京阪杯イクノディクタスが制し、重賞初勝利を挙げた。翌1992年にはイクノディクタスがJRA賞最優秀5歳以上牝馬を受賞した。また、99戦出走し、15歳まで現役だったミスタートウジンも管理馬であった。

騎手は村本善之の起用がとくに多く、イクノディクタスやミスタートウジンなどの有力馬のほとんどに起用しており、厩舎の主戦騎手であった。村本が引退したあとは、主戦と言うほどの偏りは見られず、藤岡佑介中村将之が比較的多い程度である。

2018年2月28日付けで定年の為、調教師を引退することになった[1]

騎手成績編集

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 62 72 100 1118 .055 .120
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
重賞初騎乗 1972年10月29日 京都牝馬特別 ツキモアー 16頭 16 15着

調教師成績編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1989年3月4日 1回阪神3日6R 3歳新馬 ハーバーウェイ 12頭 11 12着
初勝利 1989年3月25日 2回阪神1日12R 4歳上400万下 コシジダンサー 9頭 2 1着
重賞初出走 1989年4月16日 3回中山8日11R 皐月賞 ミスタートウジン 20頭 14 13着
重賞初勝利 1991年5月12日 4回京都8日11R 京阪杯 イクノディクタス 13頭 7 1着

おもな管理馬編集

太字はGI競走

おもな厩舎所属者編集

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 昆貢(1989年-1999年 調教助手)
  • 原田聖二(1999年-2001年 騎手)
  • 森田直行(1989年-2007年 厩務員)

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 調教師12名が勇退・引退日本中央競馬会、2018年2月13日閲覧
  2. ^ 2015年レース結果JBISサーチ 2015年2月2日閲覧