メインメニューを開く

禔子内親王(ししないしんのう / ただこないしんのう、長保5年(1003年)- 永承3年1月29日1048年3月16日))は、平安時代中期の皇族三条天皇の第2皇女。母は藤原娍子藤原済時の長女)。同母兄姉に、敦明親王(小一条院、後一条天皇の廃太子)、敦儀親王敦平親王当子内親王、同母弟に、師明親王(性信入道親王)がおり、異母妹に、後朱雀天皇の皇后、後三条天皇の母である禎子内親王(陽明門院)がいる。

目次

生涯編集

幼い頃より父、三条天皇の愛情を受けて育ち、寛弘8年(1011年10月22日内親王宣下を受け、寛仁3年(1019年2月29日著裳し、同年三品に進む。

長和4年(1015年)、(退位目前の)三条天皇は禔子を藤原頼通藤原道長の長男)へ嫁がせることで道長の勢力を牽制しようとしたが、(愛妻への思いと、怨霊が原因とみられる)頼通の病気により実現せず[1]、禔子は万寿3年(1026年)に藤原教通(頼通の弟)の継室として降嫁した。これは内親王と臣下との結婚において、天皇により内親王の降嫁が裁可された最初の例であったが、禔子は教通との間に子をもうけることなく、46歳で薨去した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『栄花物語』巻第十二「たまのむらぎく」。

参考資料編集

  • 『コンサイス日本人名辞典 改訂新版』(三省堂、1993年) p.603

関連事項編集