メインメニューを開く

敦平親王(あつひらしんのう、長保元年(999年) - 永承4年3月18日1049年4月22日))は平安時代中期の皇族三条天皇の第三皇子。官位二品式部卿

目次

経歴編集

寛弘8年(1011年)父の三条天皇即位に伴い親王となる[1]治安3年(1023年)頃に叔父の参議藤原通任の邸宅に居住していたが、起居の場として東廊を宛がわれており[2]、居候的な立場にあった。万寿2年(1025年)頃に中納言藤原兼隆の娘と結婚する。その後兼隆の奔走により王氏爵を推挙する権利を得た[3]

長元4年(1031年)正月の王氏爵において、前大宰大弐藤原惟憲の陰謀により大蔵光高を「良国王」と偽って推挙してしまう。一旦良国王は従四位下に叙せられるものの、陰謀はたちまち露見し叙位は取り消される[4]。結局3月になって敦平親王は式部卿の職務を停止され、藤原惟憲は参内を禁じられている[5]。なお、同年9月には敦平親王の職務停止は解除された[6]

永承4年(1049年)3月18日薨去享年51。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『権記』寛弘8年10月5日条
  2. ^ 『小右記』治安3年閏9月29日条
  3. ^ 『小右記』万寿4年正月5日条
  4. ^ 『小右記』長元4年正月5日,正月6日,3月1日条
  5. ^ 『日本紀略』長元4年3月14日条
  6. ^ 『小右記』長元4年9月5日条
  7. ^ 『大鏡』第三巻,右大臣道兼

参考文献編集

  • 繁田信一『王朝貴族の悪だくみ―清少納言、危機一髪』柏書房、2007年
  • 『尊卑分脈 第三篇』吉川弘文館、1987年