メインメニューを開く

秋ヶ瀬取水堰(あきがせしゅすいぜき)は、埼玉県さいたま市桜区及び志木市荒川にある可動堰である[1]。 荒川で最も下流にある堰で河口から約35キロに位置する[2]。この堰より下流の荒川は汽水域(感潮域)であり[1]塩水くさび[3][4]潮汐が発生するほか、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)では津波がこの堰に到達した[5]

秋ヶ瀬取水堰
秋ヶ瀬取水堰
左岸所在地 埼玉県さいたま市桜区
右岸所在地 埼玉県志木市宗岡
位置
河川 荒川水系荒川
ダム湖
ダム諸元
ダム型式 可動堰
利用目的 不特定利水灌漑
上水道工業用水
着手年/竣工年 1963年/1964年
出典 独立行政法人 水資源機構
備考 荒川右岸に宗岡取水口
テンプレートを表示
宗岡取水口
ここから朝霞浄水場へ送水される。

利根導水総合事業所独立行政法人水資源機構が管轄している。利根川から武蔵水路を通って荒川に導かれた水を東京都水道局朝霞浄水場及び三園浄水場[6]、並びに埼玉県営大久保浄水場へ送水する役目を担っているほか、新河岸川及び隅田川の浄化用水も供給する[1]

右岸に宗岡取水口、及び右岸から長さ約500mに及ぶ管理橋がある。

形式編集

長さ127m[7], 調節ゲート1門(幅10m, 高さ6m)、洪水吐ゲート3門(幅34m, 高さ6m)、魚道1箇所の上下可動式である。

歴史編集

問題点編集

  • 志木市側は隠れた釣りの名所であるが、放送によって禁止区域への立ち入りが警告される。志木市側は随時水の流れる調節ゲートで流れが激しく、近年このゲート地点で死亡事故が多発しているからである[9]
  • 堰の上流側と下流側では約2.5mの水位差(T.P.+2.6m)があるため船の通行が不可能となっている[10]。そのため近年、取水門に災害時の物資運搬等のための閘門の設置を検討していたが、水量保持と莫大な費用の点から計画が白紙になった。

周辺編集

1979年に秋ヶ瀬取水堰付近で実施された魚類捕獲調査では、ギンブナが優占し 1985年の調査ではウグイが多数を占めた[11]。河川敷は左岸側に広くとられている。その広い河川敷を活用したレクリエーション施設がある。右岸上流側は羽根倉橋にかけて主に水田などの農地となっている。

その他編集

特撮系のテレビドラマなどの撮影ロケ地としてよく使われている。

  • 快傑ズバット - 第19話「悲恋 破られたラブレター」にて、ロケ地として登場している。

脚注編集

  1. ^ a b c 2秋ケ瀬取水堰(荒川)”. 埼玉県. 2017年5月10日閲覧。
  2. ^ 利根導水路事業マップ - 独立行政法人水資源機構利根導水総合事業所
  3. ^ 国土交通省荒川下流河川事務所
  4. ^ 荒川下流部感潮域の水環境管理のための基礎調査(水工学論文集 第40巻 1996年2月) (PDF) 390p - 土木学会付属土木図書館
  5. ^ 第1回えどがわく・荒川市民会議
  6. ^ 東京の水道水源と浄水場別水道区域、東京都水道局ホームページ, 2011年7月閲覧。
  7. ^ 水源施設”. 東京都水道局. 2017年5月10日閲覧。
  8. ^ 『秋ヶ瀬取水路朝霞水路工事誌』水資源開発公団利根川導水建設局、昭和42年, 8頁-9頁。
  9. ^ 通航禁止区域 秋ヶ瀬取水堰 - 独立行政法人水資源機構
  10. ^ 利根導水路概要書 (PDF) 6p - 独立行政法人水資源機構
  11. ^ 『荒川 自然』547頁. 1979年はギンブナ19, タイリクバラタナゴ8, オイカワ7, ハスワタカ各4. ニゴイコイツチフキ各2, キンブナコクレンハクレン各1. 1985年はウグイ2, オイカワ・ニゴイ・ツチフキ・コクレン・ハクレン各1.

参考文献編集

  • 埼玉県『荒川 自然』(荒川総合調査報告書1), 1987年3月25日

関連項目編集

外部リンク編集