メインメニューを開く
武蔵水路(行田市若小玉地区)

武蔵水路(むさしすいろ)は、利根川の水を荒川に導くための導水路。利根川水系に属する。埼玉県行田市利根大堰で利根川から取水され、鴻巣市で荒川に注ぐ。全長14.5 kmで全体が開水路である[1][2]。管理者は水資源機構東京都水道局の約4割、埼玉県企業局の約8割の給水エリアの水道水を送っている[3]。また、周辺地域の洪水や出水を取り込む役割(内水排除機能)を果たしている[4][5]。1965年、見沼代用水路の一部を使用して緊急送水を開始、1967年、武蔵水路の工事が完成した[6]。2015年度までに改築工事を実施(後述)し、これに伴い、一部区間で治水機能を新たに有したことから、2016年に利根川水系に属する一級河川に指定された[7][8]

地理編集

 
利根大堰
 
利根大堰沈砂池で見沼代用水・武蔵水路・埼玉用水路が分水
 
利根大堰大分水工付近
 
利根大堰付近の空中写真(1986年撮影)
下方に流れるのが武蔵水路等の灌漑用水路である。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
 
11時半より鴻巣市にて開催された武蔵水路の通水式典(1965年3月1日)[9]

利根大堰からほぼ真南に流下し、鴻巣市糠田(糠田橋上流側)で荒川に注ぐ。途中では見沼代用水を荒木サイフォン伏せ越し)、上星川を上星川サイフォン、秩父鉄道を白鳥田サイフォン、国道125号を長野サイフォン、元荒川を元荒川サイフォン、足立北部排水路を箕田サイフォンと交差6箇所を潜っている。

この水路で荒川に通された水は秋ヶ瀬取水堰から朝霞浄水場大久保浄水場を経てそれぞれ東京都、埼玉県の広範な地域に上水道として供給し、首都圏の生活を広く支えている。

老朽化に伴う改築事業編集

通水後35年以上を経て、水路沿線の地盤沈下と水路自体の損傷、そして老朽化が大きな問題になった[10]。地盤沈下については、国道125号を潜る行田市の長野サイフォン付近、最下流の鴻巣市糠田地区の区間で特に著しい。地盤沈下の影響による水路の沈下・変形、底板隆起や側面パネルの欠損などが発生し、このため本来ならば毎秒50立方メートルの導水機能を有していながら、毎秒40立方メートル以下の水しか導水できないという機能不全の状態に陥った。耐震性の低下や不足も指摘された。大規模地震が発生し、この地域で予想されている最大震度である震度6強の揺れが生じると、水路や付帯施設に甚大な被害が発生する恐れがあり、この場合には長期の通水不能や周辺地域への被害、影響が予想された(水資源機構)。

いずれにせよ、武蔵水路は全面的な改修が必要な時期が来ていたため、管理者である水資源機構が改築事業を計画[11][7]、全面的な改築工事を行ない、2015年度(2016年3月[12])に工事が竣工した。

幹線水路は、従来の断面が逆台形のコンクリートライニング構造から、耐震性の高い断面が矩形の鉄筋コンクリートフルーム構造へと大規模な改築となっている[13][14]。 新しく改築された区間は、中央に分離壁が設けられた狭い水路が2本平行したような構造になっている。これは、メンテナンスを行うときに片方の水路のみを止水し、もう片方の水路は通水したままにしておくことで、メンテナンス中の通水を確保するためである。

このほか、サイフォンや水門の耐震工事、糠田排水機場のポンプ増強、管理設備の更新などが行われている[15]。 施工は「半川締切工法」を採用し、施工の難易度が高いとされるサイフォンの箇所は、「パイプ・イン・パイプ(PIP)」工法と呼ばれる既存の水路の内側に鋼管を通す工法を駆使して行なった[12]。 また、改修により生まれた用地を活用して水路の管理用通路(隣接する県道の歩道として運用)が整備された[13]

改築工事は平成27年度土木学会の技術賞(技術賞IIグループ)を受賞した[16][17][18]

橋梁・施設編集

水路の岸や橋のたもとからはオレンジ色の球体が等間隔にぶら下がっており、また、網のついていない虫取り網のようなものが岸に設置されているが、これらは万が一流されたときのための救命道具である。これは当水路の流れが非常に速く、一度流されると自力で脱出するのが困難なためである。橋の架け替えに伴い、一部の橋梁は拡幅が実施された[13]

上流から順に掲載

 
行田市長野付近
 
荒川と武蔵水路の合流点。画面の左上から下へ流れ下るのが荒川。右側から合流するのが武蔵水路。
  • 中宿橋(埼玉県道76号鴻巣川島線
  • 富士山橋
  • 三軒橋
  • 新道橋
  • 旧道橋
  • 三枚橋
  • 中橋
  • 二枚橋
  • 新糠田橋
  • 糠田樋管(糠田排水機場)
  • 外聖橋

脚注編集

  1. ^ 日本大百科事典(小学館)
  2. ^ 弊社設計の武蔵水路がダムカードになりました - 株式会社葵エンジニアリング. (2016年4月15日)、2016年8月11日閲覧。
  3. ^ 利根導水総合事業所のウェブサイト「利根導水の役割」、2010年12月閲覧。
  4. ^ 武蔵水路の概要独立行政法人水資源機構、2010年11月閲覧。
  5. ^ 武蔵水路による浸水被害の軽減 (PDF) 独立行政法人水資源機構、2013年10月閲覧。
  6. ^ 武蔵水路建設の沿革独立行政法人水資源機構
  7. ^ a b 河川法第4条第1項の一級河川の指定等について (PDF) - 国土交通省 水管理・国土保全. (2016年6月)、2016年8月9日閲覧。
  8. ^ “国交省/1級河川に3河川追加/杉の沢川(宮城県名取市)など”. 日刊建設工業新聞 (日刊建設工業新聞社): p. 2. (2016年7月7日). http://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201607070209 2016年8月11日閲覧。 
  9. ^ 『写真アルバム 上尾・桶川・北本・鴻巣・伊奈の昭和』いき出版、2017年10月19日、82頁。ISBN 978-4-86672-004-3
  10. ^ 武蔵水路の現状と課題独立行政法人水資源機構、2011年10月閲覧。
  11. ^ 武蔵水路改築事業の概要(むさし水路だよりNo.1) (PDF) 独立行政法人水資源機構、2012年5月閲覧。
  12. ^ a b “水機構/武蔵水路改築(埼玉県行田市-鴻巣市)が完成/水路本体を2連RC造に再構築”. 日刊建設工業新聞 (日刊建設工業新聞社). (2016年3月15日). http://www.decn.co.jp/?p=64344 2016年8月9日閲覧。 
  13. ^ a b c 平成25年度進捗状況 (PDF) - 独立行政法人水資源機構、2016年8月9日閲覧。
  14. ^ “スコープ/水機構、5年半かけ武蔵水路改築が完了/受発注者一体で工事円滑化実現”. 日刊建設工業新聞 (日刊建設工業新聞社): p. 12. (2016年7月12日). http://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201607121201 2016年8月11日閲覧。 
  15. ^ 武蔵水路施設の改築計画 - 独立行政法人水資源機構、2013年9月閲覧。
  16. ^ 技術賞受賞一覧 - 公益社団法人 土木学会、2016年8月9日閲覧。
  17. ^ 鹿島の土木技術 平成27年度土木学会賞表彰式 - 鹿島建設株式会社、2016年8月9日閲覧。
  18. ^ “水機構/武蔵水路改築が土木学会技術賞受賞/導水機能維持しながら大規模再整備”. 日刊建設工業新聞 (日刊建設工業新聞社): p. 5. (2016年6月21日). http://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201606210513 2016年8月11日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集